カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 夫の産婦人科への付き添いってどうなの?付き添いに行く意味とは?夫ができることは?

妊娠・出産

夫の産婦人科への付き添いってどうなの?付き添いに行く意味とは?夫ができることは?

 

妊婦さんであれば、1か月に1回もしくは2週間に1回、最後は週1回といったペースで、産婦人科へ行きます。

これらの検診には、旦那さんが付き添うこともあります。

 

●付き添いは人によって意見が分かれる

 

最終的に赤ちゃんを生み出すのは奥さんですので、付き添いについては奥さんの意見を尊重してあげるとよいでしょう。

経過も順調だし、特に旦那さんの付き添いはいらない、という意見を持つ方もいれば、精神的に不安だから付き添ってほしいと思う方もいます。

付き添いについてきてほしいタイミング、そうではないタイミングを聞いて、従えばOKです。

なお、容態によっては医師から今後の出産についての説明があるかもしれないので、そのときは必ず行ってください。

 

●運転手・上の子の面倒を見る

 

付き添いにいって旦那さんが出来ることと言えば、精神的に不安になりがちな奥さんに寄り添うことの他に、運転手になる・上の子の面倒を見るといったことも挙げられます。

特に上の子がまだ小さい場合には遊びたい盛りで、妊婦さんが一人で面倒を見続けるのは大変です。

付き添いに行って待合室で待っている間、上の子をあやしたりきちんと目を配っておくのは、最低限のマナーです。

 

旦那さんの付き添いについては、病院側でOKとしていないこともあります。

待合室まではOKだが、エコーなどは見られないなど、それぞれの決まりがありますので、決まりに従って付き添ってください。

待ち時間を除けば、妊婦健診にかかる時間は大体15-25分程度ですので、それほど時間がかかるものではありません。

休みの日ぐらい休みたいと思う方でも、生まれてくる子供と産んでくれる奥さんのために、これくらいの時間は割いてあげるとよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの準備に関する記事

妊娠初期の不安定な気持ちを支えてほしい!妊娠うつにならないためにできること!

妊娠すると自分の事よりも、赤ちゃんのためにと考えるようになります。自分の中に...

デリケートな時期だから優しく接して!妊娠初期に夫が妻にできること

妊娠初期のつわり時期は、思いもしない色々な症状が襲ってきて、身体的に何をする...

パパの準備の体験談

【頼らない・期待しない・自分でやるのが当たり前】

産後、旦那さんとの喧嘩が増えてしまった方も多いと思います>< 実際にうちがそうです・・。 ...

【切迫流産】安静もままならぬ夫婦喧嘩のあれこれ…

妊娠中は5カ月以上、寝たきり生活を送っていましたが、その間は全て自宅での安静だったので、家族の手助け...

カラダノートひろば

パパの準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る