カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 産婦人科・産院 >
  5. 産婦人科への付き添いはOKだけど、マナーは守ろう!椅子の占領には気をつけて!

妊娠・出産

産婦人科への付き添いはOKだけど、マナーは守ろう!椅子の占領には気をつけて!

産婦人科への検診の付き添いをする旦那さんもいますが、その際にはいくつかのことに注意しなければなりません。

ついつい忘れがちな付添いのときの注意を、もう一度確認しましょう。

 

●混んでいるときは必ず立って!

待合室が混んでいるときにも関わらず、待合室の椅子に座っている付添いの旦那さんがたまにいます。

あなたの調子が悪くて来ているのではないので、混んで来たらほかの妊婦さんに椅子を譲ってあげてください。

 

これは基本中の基本的なマナーですが、意外と出来ていない人が多いのか、SNSなどで話題になることもあります。

 

●上の子が迷惑をかけないように

上の子がいるときには、奥さんだけを診察室に入れて、旦那さんが上の子の面倒を見ることになります。

普段は奥さんが見ていたとしても、今この瞬間は旦那さんが見なければ誰も見てくれないので、十分注意して、上の子が迷惑をかけないように遊んであげてください。

 

産婦人科にはおもちゃが置いてあるところも多いので、おもちゃや絵本などで興味を引きつつ、走り回ったりしないように遊ばせましょう。

大きな声で泣きだしたら、いったんその場を離れてなだめたりするのがおすすめです。

 

●待ち時間が長いならいったん外に出るのもOK

待ち時間がやけに長くて、妊婦さんの間にいるのが落ち着かないという場合は、いったん外に出たりする旦那さんも多いです。

奥さんに後で電話してもらえばよいので、別にこれは問題ありません。

 

ただし、経過観察などで問題があり、旦那さんも一緒に話を聞かないといけない場合は、人がたくさんで気まずい場合でも、待合室の端などにいてください。

 

最近は妊婦健診に夫婦で来る方も多いからこそ、マナーをしっかり守って、すべての患者さんが不愉快にならず過ごせるように気を付けることが大事です。

(Photo by:pixabay

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産婦人科・産院に関する記事

妊婦体験もできる!赤ちゃんの胎動や姿を直接見れる!産婦人科にパパも行ってみませんか?

昨今の晩婚化、少子化といった流れの中で不妊治療や妊娠・出産に対する意識は非常に...

プレママが受けている妊娠中の検査は何を調べているの?プレパパとして知っておこう☆

奥さんの妊娠がわかってプレパパもうれしいところですが、早速プレママである妻は様...

産婦人科・産院の体験談

パパママ教室(育児編)④

前回同様お話が前後するかもしれませんが、ここではパパママ教室(育児編)のお話をしたいと思います。...

パパママ教室(育児編)③

前回同様お話が前後するかもしれませんが、ここではパパママ教室(育児編)のお話をしたいと思います。...

カラダノートひろば

産婦人科・産院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る