カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 種類 >
  5. 30・40代に増えつつある五十肩!まだ若いはずなのに…若年層に増えている五十肩の実態とは?

関節痛・腰痛

30・40代に増えつつある五十肩!まだ若いはずなのに…若年層に増えている五十肩の実態とは?

よく耳にする五十肩という症状は、その文字の通り、50歳代に多く見られる肩関節のトラブルです。しかし近年、30・40歳代の方にも、この五十肩と同じ症状が見られるようになってきました。一体なぜなのでしょうか?!若い若年層に増えて来ている五十肩の実態に迫ってみましょう!

 

 

◆なぜ若いのに五十肩??

本来、五十肩の症状というものは、肩が上がりにくくなった・肩に激しい痛みを感じる・何もしていなくても痛みや違和感を感じる…などといった肩の不快感を感じてしまう症状が一般的だと言われています。これは肩関節周辺の組織が傷ついて炎症が起こってしまい、痛みを感じたり運動障害を起こしてしまいます。

 

文字の通り、40代〜50代の男女に多く見られる症状なため、五十肩という名前がついていますが、近年30代などの若年層にも増えつつあります。若いのになぜ??と思ってしまいますが、それは、年齢が若いのに対し、日々の運動量が減っているため、運動不足により発症してしまう事が考えられています。

 

◆現代の社会風景にも影響あり?!

現代では、昔ほど体力仕事!という仕事環境ではなく、デスクワークを行ったり、パソコンに向かうような仕事も増えてきています。大きな動作をするような仕草・スポーツなどもおこなう方が減って来ている背景があり、若年層の五十肩というものが増えてきています。

 

主婦という立場であっても、洗濯・掃除・食器洗い…最近ではボタン1つで最後までやってくれるような家電が沢山流通しているので、肩を使うような動作もさほどしません。このような背景が、人間の体を蝕んでいく結果にも繋がっているように感じます。

 

◆薄着をする現代人

最近では、ノースリーブで出歩いたり、羽織を1枚持っているだけで、肌寒そうな格好をしていたり…夏には、室内でキンキンにクーラーを効かせていたり、様々な冷却グッズの販売もされています。

 

このように、私たちが手軽に、体を冷やすことが出来る環境・空間にいることで、知らぬうちに体は冷えてしまい、女性は特に冷え性の方が急速に増加しています。肩を冷やしてしまうと、肩の筋肉や血管が収縮してしまうので、五十肩になりやすいというリスクもあります。

 

 

「五十肩なんて他人事」「まだまだ若いから発症なんてしないよ」と思っている方でも、急に発症してしまうので恐ろしいものです。五十肩になってしまうと、普段の生活で様々な支障を与えてしまいます。衣類の着脱だけでなく食事・排泄・仕事・家事・車の運転などにも影響をしてしまい、苦しくて辛いと感じてしまうでしょう。先々の将来のことをしっかり考えて、健康な体作りを今のうちから心がけてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

食事の度にアゴがコキコキとなる顎関節症…何が原因なの?親不知の抜歯から精神的な要因まで!?

食事をしたり、口を開いた時に、アゴがカクカク・コキコキと音がなることはありませ...

身近に潜む、顎関節症の危険!

口を開けたときにカクカクッ!ガクッ!と開きずらいことはありませんか?その症状は...


産後の疲れた体に襲いかかるツラい腰痛!痛む腰への対処法3選

一大仕事を終えて、母となった女性には、育児や家事の忙しい毎日が待っています。そ...

肘関節痛の治療方法とは?

  辛い肘の関節痛!!肘関節痛の症状や重軽度によって治療の方法が異なります...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る