カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 咽頭 >
  4. 嚥下障害 >
  5. 一生美味しく食べるために!摂食嚥下障害を予防する嚥下体操とは

気になる病気・症状

一生美味しく食べるために!摂食嚥下障害を予防する嚥下体操とは

食事

家族と食卓を囲んで、楽しい会話をしながら食事を楽しむ。1日の中でとても楽しい時間の一つですね。生涯この楽しみを継続するためにも、食べ物をしっかり飲み込むことが大切です。ここでは、嚥下障害にならないために自分でできる嚥下障害予防体操をまとめます。

 

呼吸の練習

腹式呼吸を意識して、深く呼吸をします。お腹の動きを意識しながらゆっくりと行います。呼吸機能が高まると、気管に食べ物が入っても咳き込んで外にだすことができます。

・咳の練習をします。意識的に咳を出すことで、誤嚥を防ぎます

・口をすぼめて、ゆっくりと息を吹き出します。遠くにあるろうそくの火を消すようなイメージです。唇の練習にもなります

発音練習

パ行、ラ行、タ行、カ行、マ行はっきりと発音します。「パパパ、ピピピ…」「パタカパタカ…」など組み合わせて繰り返すことで食事の時に必要な、口、舌、喉の機能を鍛えることができます。

首と体幹のリラクセーション

・首をギューッとすぼめてから、ストンと力を抜きます

・首を前後左右にゆっくりと倒します。首筋が伸びていることを意識しながら行ってください

・ゆっくりと首を回します

・腰に手を当てて、体を横に倒します

口の運動

・頬を思い切り膨らます。唇はしっかりすぼめます

・逆に頬をへこませます

・これを交互に繰り返します

舌の運動

・思い切り前につき出したり、奥に引っ込めます

・舌を出して上下左右に伸ばします

・唇をぐるりと舐めるように舌を動かします。時計回り、反時計回りどちらも行います

 

慣れてしまえば、5分程度で全ての体操ができます。深呼吸やリラクセーションは、特に食前に行うことでスムーズに食事に向かうことができます。他の運動は疲れすぎて食事に影響の出ない範囲で行ってください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/12/14-011129.php ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

嚥下障害に関する記事

摂食嚥下障害の原因はこれだ!誰もがなりうる摂食嚥下障害を未然に防ごう

摂食嚥下障害とは、食べ物を口に取り込んで、かみ砕き、食塊にして飲み込むことが...

嚥下障害とは? 摂食・嚥下が低下する原因

        嚥下障害とは、一般的に食べ物や水分などを摂取しにくい状態を言い...


嚥下障害のある人は口腔ケアがとっても大切!健診を受けることとケアの重要性を知ろう!

  寝たきりの嚥下困難患者の場合、口腔ケアが非常に重要であるということを知って...

嚥下障害がある人の服薬は難しい…どんな工夫の仕方がある?どんな点に注意すればいい?

  高齢になると「嚥下困難」と「服薬の必要」があり、嚥下困難によって服薬が難し...

カラダノートひろば

嚥下障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る