カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 咽頭 >
  4. 嚥下障害 >
  5. 摂食嚥下障害の原因はこれだ!誰もがなりうる摂食嚥下障害を未然に防ごう

気になる病気・症状

摂食嚥下障害の原因はこれだ!誰もがなりうる摂食嚥下障害を未然に防ごう

服薬

摂食嚥下障害とは、食べ物を口に取り込んで、かみ砕き、食塊にして飲み込むことが障害されていることを言います。

 

摂食嚥下障害の原因

脳卒中

摂食嚥下障害の原因の約40%を占めます。脳卒中を発症すると、摂食嚥下障害を発症する方が約30%、後遺症として残る方が約5%程度です。日本で年間約40万人が脳卒中を発症してるので、その5%が年々増えていくと考えると、摂食嚥下障害の方がいかに多いかがわかると思います。

 

加齢や身体の衰弱

加齢や身体の衰弱によって、唇、口腔、喉の機能は様々な機能低下をきたします。

 

・サルコペニア(筋肉減少症)

食べ物をかんで、食塊にまとめたり、飲み込みに必要な筋肉が減少してしまう状態です。予防が最も大切であると言われています

 

・口腔内の機能低下

食べ物を口の中で飲み込みやすいように整えるためには、舌で食べ物を押し潰したり、噛み砕いたり、舌の動きで食塊にまとめたりする必要があります。歯が弱ったり、残っている自分の歯が少なかったり、入れ歯の不具合があったりなどでこのような状況が起こります。

 

・唾液の変化

唾液は加齢とともに、分泌が減少し、粘度が増します。そのため舌の上を食物を動きにくくなり、塊になりにくいのです。

 

・嚥下反射の遅れ

喉に食物が流れてくると、嚥下反射が起こって飲み込まれます。この嚥下反射が遅くなることで、通過が遅くなって気管に入りやすくなります

 

・咽頭の位置の下降

 

・無症候性脳梗塞の存在

自分では全く自覚症状がないけれど、脳では微細な脳梗塞が起こっていることがあります。これによって摂食嚥下に関する機能が、知らず知らずのうちに低下している可能性があります

 

・注意力、集中力の低下

摂食嚥下の能力が低下していると、食べることに集中しなければ誤嚥を起こしてしまうことがあります。

 

・持病があり、薬物治療を受けている

薬の中には副作用で嚥下を障害するものもあります。

 

様々な原因が考えられますが、脳卒中になることを予防すること、また嚥下体操をするなどして加齢による低下を予防をすることが大切なことといえます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/28-376730.php ) 

著者: amママさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

嚥下障害に関する記事

永く食事を楽しもう!嚥下障害に対する日常生活の工夫

食事はみんなで楽しみたいものです。なるべく家族と同じものを食べるために、どの...

嚥下障害のある人は口腔ケアがとっても大切!健診を受けることとケアの重要性を知ろう!

  寝たきりの嚥下困難患者の場合、口腔ケアが非常に重要であるということを知って...


摂食嚥下障害の方に対する食事の工夫~家族ができる無理をしない食事の工夫~

家族と一緒に食卓を囲んで食事を取りたい。しかし、摂食嚥下障害で家族と同じ料理...

嚥下障害と脳卒中の深い関係…脳卒中後の食事の変化は特に注意して見守って!

  嚥下困難と脳卒中というのは、一見すると関係のない病気ですが、実は脳卒中は嚥...

カラダノートひろば

嚥下障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る