カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 咽頭 >
  4. 嚥下障害 >
  5. 筋力低下など…摂食嚥下障害の原因!いま注目のサルコペニアって何?

気になる病気・症状

筋力低下など…摂食嚥下障害の原因!いま注目のサルコペニアって何?

食事3

サルコペニアという言葉を聞いたことはありますか?最近、「メタボより怖い」などとテレビ番組で紹介されることが多くなってきた減少です。サルコペニアは手足、体幹だけではなく、全身に起こる可能性があります。

 

サルコペニアとは

「サルコ」はギリシャ語で筋肉、「ペニア」は減少・消失を表し、「骨格筋料の低下に、筋力低下、もしくは運動機能の低下を伴った状態」のことを言います。

 

サルコペニアの原因

一次性サルコペニア

・加齢に伴う生理的な筋肉量の減少

二次性サルコペニア

・活動量減少によるもの

・栄養状態不良によるもの

・手術や病気などによって起こるもの

 

嚥下性のサルコペニア

摂食嚥下障害の原因の約40%を占めるのは、脳卒中によるものと言われています。その他の要因の中の一つがサルコペニアによるものです。食べ物を歯で噛み砕く、舌を動かす、喉に送り込んで飲み込む、それは全て筋肉が働いています。その筋肉が減少してしまうので、誤嚥、そして肺炎の危険性が高くなります

 

嚥下性サルコペニアを予防する!

バランスのとれた食事を摂る

筋肉をつくるためには、まずは栄養状態が良くなければなりません。食べやすいもの、自分の好みのものばかり食べていませんか?高齢になると、肉類の摂取機会が減ってくる傾向にあります。脂肪分の少なめの赤みの肉を食べて良質のタンパク質を摂取することも大切です。「これを食べた!」からといって筋肉が急につくわけではありません。 あくまでもバランスの良い食生活を送ってください。

筋力トレーニング

筋力低下を防ぐためには筋力を付ける必要があります。

①首上げ

仰向けに寝た状態で、首だけ上げ下げ行います。勢いをつけて行うのではなく、自分の出来る範囲でゆっくりと行うことがポイントです。

②舌を突き出す

舌を前方に伸ばすようにつきだしたり、引っ込めたりします。

③舌を左右に動かす

舌を前に出した状態で左右にゆっくりと動かします。口角を舐めるようなイメージです

④舌を上下に動かす

舌を前に出して、上に伸ばしたり、舌に伸ばしたりする

 

下の運動は、食事の前のウォーミングアップとして行っても良いようです。手足だけでなく、喉の筋肉もしっかり保って、自分らしい生活を長く送りましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/07/31-339219.php

著者: amママさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

嚥下障害に関する記事

嚥下機能の低下によって起こる!嚥下障害~嚥下のメカニズム~

     ある程度の年齢になると、個人差はあるものの、食事の際にむせ込みやすく...

高齢者に多い嚥下障害…こんな症状が出たら無理に食べさせないで、一度医師へ相談を!

  最近、おじいちゃんやおばあちゃんの食事に変化はないでしょうか?年のせいだと...


永く食事を楽しもう!嚥下障害に対する日常生活の工夫

食事はみんなで楽しみたいものです。なるべく家族と同じものを食べるために、どの...

一生美味しく食べるために!摂食嚥下障害を予防する嚥下体操とは

家族と食卓を囲んで、楽しい会話をしながら食事を楽しむ。1日の中でとても楽しい...

カラダノートひろば

嚥下障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る