カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 今年流行のヘルパンギーナ、プールや登園許可はいつからOKになるの?

育児

今年流行のヘルパンギーナ、プールや登園許可はいつからOKになるの?

 

 

2014年、都内を中心にして流行しているのがヘルパンギーナというウィルス感染症です。

発熱やのどの痛み、そして口の中の水ぼうそうが出来るヘルパンギーナですが、お子さんがヘルパンギーナにかかったあと、登園許可などがいつ出るかを見てみます。

 

施設によって基準が違うヘルパンギーナ

学校などの感染症予防のためには、学校保健法の基準が用いられています。

この基準ではヘルパンギーナは、『その他の伝染病』に分類されており、インフルエンザなどの第2種伝染病とは違って、登園登校許可の目安が、法律で定められているわけではありません。

出席停止も必須ではなく、条件によって出席停止が必要と考えられる、という程度ですので、まずは問い合わせが必須です。

 

熱が下がっており、本人が元気ならOK

問い合わせの結果、登園が問題ないとされたら、あとはかかっている本人の様子を見てください。

熱が下がっており、倦怠感なども訴えてこないのが確認できたら、最後に口の中を見てみましょう。

口の中にまだ水疱が多い状態であれば、登園はしてもプールはしばらく避けておくことをお勧めします。

口の中にほとんど水疱がなく、きれいな状態であれば、登園もプールも特に問題なしと言われています。

 

医師の制限がなく、あとは親御さんの判断でと言われた時は、熱・倦怠感・口内で判断してみてください。

 

ヘルパンギーナにかかった後の生活ですが、ヘルパンギーナが重症でなければそれほど気を配る必要はありません。

ただし登園し始めた日はあまり無理をさせず、幼稚園(保育園)から家に帰ってきたあとは、ゆっくりと寝せるか家で遊ばせるようにしておきましょう。

ぶり返したり別の風邪にかからないように、手洗いやうがいをさせることも重要です。

 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつる病気に関する記事

頬が赤くなる!伝染性紅斑(りんご病)について知っておこう

正式名を「伝染性紅斑」と言い、頬がりんごのように赤くなることから、りんご病とも...

○○の予防法は意味がなかった!?意外とやりがちな誤った風邪の予防方法

毎日しっかりと風邪予防をしています!そう胸を張って言えたとしても、実はその予防...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

うつる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る