カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. エクササイズ >
  6. 誰でもかかる可能性のある現代病!"内臓型冷え性"の予防となる運動・食事まとめ

女性のカラダの悩み

誰でもかかる可能性のある現代病!"内臓型冷え性"の予防となる運動・食事まとめ

内臓型冷え性は、夏のかくれ冷え性とも言われ、体への影響も大きいです。胃腸の不調から夏バテの原因ともなる内臓型冷え性を、上手に予防・解消する方法を見ていきます。

 

●運動は1日15分でも可

内臓型冷え性の改善のためには、まず血流をよくするために筋肉量を増やさなければいけません。

とはいってもアスリートレベルの本格的な運動は必要なく、体を内側から温められるだけで十分です。

ポイントとなるのは1日15分ほどの運動、具体的な運動方法に決まりはありません。

筋トレはやや負荷が高いので、今まで運動をしたことがない方であれば、ウォーキングやランニングなどがおすすめです。

 

●体内で熱を出すたんぱく質

食べ物で気を配りたいのはタンパク質を積極的に摂取することです。タンパク質は、筋肉だけではなく骨や内臓の構成成分でもあります。

なおかつ消化の過程及び肝臓に運ばれたあとにも、熱を生産してくれるという働きがあります。

意識的にタンパク質をメニューに入れ込むように工夫しましょう。

 

●冷たい食べ物はNG

末端冷え性の方にも言えることですが、内臓型冷え性の方の場合も、冷たい食べ物はNGです。

かき氷や冷たいジュースなどは、冷え性の原因をそのまま胃に入れているようなものですので、出来れば全面的に中止してください。

温かい食べ物の中でも、冷めにくいタイプの食べ物は、内臓型冷え性の予防と改善に向いています。

あんかけ系のメニューを選ぶようにすると、内臓型冷え性を予防できます。

 

内臓型冷え性は特別な人がかかるのではなく、現代病的な側面があり、誰でもかかる可能性があります。

それだけに、普段から冷たい食べ物には注意し、タンパク質の摂取には気を配った方がよいです。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

エクササイズに関する記事

ダイエットにも効果的?!遅筋を鍛えて冷えを解消!

食べもの、入浴など、冷え症改善のためにトータルに、対策していきましょう!...

内臓型冷え性の予防に効くお腹マッサージ!上下にさするマッサージ&のの字マッサージ

内臓型冷え性の予防のために是非行いたいのが、お腹のマッサージです。お腹が冷えや...


意外と多い「冷え」による夏疲れ…体の末端を動かして夏疲れを解消!

夏疲れの原因というと、「暑さ」が真っ先に思い浮かぶでしょう。しかし意外と多い...

関節をほぐしやつま先立ちが効く?!冷え性解消トレーニング

体が冷えてしょうがない……でも、泣き言ばかりは言っていられません。 冷え性に負...

カラダノートひろば

エクササイズの関連カテゴリ

エクササイズの記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る