カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. グッズ >
  6. 内臓型冷え性を改善するには"熱い→冷たい"を交互に繰り返す入浴が効果アリなんです!

女性のカラダの悩み

内臓型冷え性を改善するには"熱い→冷たい"を交互に繰り返す入浴が効果アリなんです!

冷え性の中でも、外側ではなく体の内側が冷えていることが問題なのが、内臓型冷え性です。

お腹が冷え気味な方は、内臓型冷え性の疑いが強いと考えてください。そんな内臓型冷え性を改善する方法のひとつが、入浴です。

 

●自律神経系を鍛える交互浴

交互浴というのは、冷たい水と熱いお湯を、交互に体験する入浴方法です。

冷たい水、熱めのお湯を交互に浴びることで、皮下の体液が移動し、エネルギー循環しやすくなります。

ストレスを受けがちな方や、栄養が偏りがちで自律神経が乱れていると思しき方には、交互浴がおすすめです。

ポイントは、40度前後のお風呂に3分以上浸かる、その後10度前後の冷たい水をシャワーで全身に浴びることです。

これを3-4回繰り返すことで、自律神経系の乱れが取れて、内臓型冷え性を改善できるようになります。

ただし、血圧が高い人、心臓などに持病がある人には、体の負担が大きすぎるのでNGです。

 

●半身浴でもOK

交互浴ほどの自律神経系改善効果はないものの、リラックスしてある程度自律神経系を整えられるのが、半身浴です。

37度から38度くらいの、低い温度のお湯に20分以上、ゆっくりと浸かります。下半身から徐々に温まってくるのを感じられるはずです。

内臓型冷え性だけではなく、全身の冷え性も持っている方には、半身浴がおすすめです。

肩や首が冷えてこるのを防ぐためには、厚手のタオルなどを肩にかけたうえで半身浴するのがお勧めです。

 

内臓型冷え性を治療するための2種類の入浴法として、交互浴と半身浴があります。

時間のある日は半身浴、ちょっと急いでいるときは交互浴といったように、場合に応じて使い分けるのもひとつの方法です。

湯冷めしないように、上がった後はすぐに体を拭いて、冷房の温度は高めに設定しましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

グッズに関する記事

末端が特に冷えちゃう…足の冷え性がひどい女性におすすめの足湯の入り方♪

冬の女性の悩みと言えば、やはり冷えに関するものです。気温が低いことから1年で一...

入浴剤でお風呂にプラスαの効果を♪○○な成分を選べばお風呂から出てもポカポカでいられます!

芯まで冷えてしまう寒さに、冷え性の体質はつらいですよね。そこで入浴剤を入れたお...


内臓型冷え性予防のために知っておきたい、夏場のクーラーとの付き合い方

内臓型冷え性では内臓が冷え、その影響でお腹を触るとひんやり冷たいのが特徴です...

冷房病かなと思ったそのときに!ちょっとした対策で、冷房病の進行を食い止めよう!

     冷房の効いている室内で、過度な末端の冷えや、不調を感じるようになったら...

カラダノートひろば

グッズの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る