カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 内臓型冷え性を改善するカイロの使い方☆冷え性解消トレーニング・お腹マッサージとは?冷え性の予防と対処法について

女性のカラダの悩み

内臓型冷え性を改善するカイロの使い方☆冷え性解消トレーニング・お腹マッサージとは?冷え性の予防と対処法について

冷え性といっても様々、内臓から冷えている冷え性を改善するためには、様々な対策がありますが、お腹を温めることで、腸の冷えを改善していくことができます。手軽なのが携帯カイロを使う方法ですが、使用する際には注意点もあります。腸から温めて内臓冷え性を解消するための、カイロ使用時のタイミングや位置などをまとめました。

 

●おへその1-2cm下に貼る

まず、カイロを貼る場所ですが、内臓型冷え性で最も冷えているお腹の部分に貼るのが適切です。おへその1-2cm下の部分を意識しながら、貼ってみてください。

 

なお、直接貼ると肌荒れしますので、必ず薄いシャツか何かを着たうえで貼るようにしてください。薄手の腹巻をして、その上からカイロを貼るのもよいかもしれません。

 

●就寝時には使わない、違和感があれば外す

カイロは就寝時には使わない方がよいとされています。低温やけどをしやすくなってしまうので、起きている間はカイロで、就寝時は服などでお腹を温めましょう。

 

また、皮膚の強さや温度への耐性は人によってかなりの違いがあります。違和感を感じた時には、すみやかにカイロを外して、皮膚に影響がないかどうか見てみてください。

 

温度が高いのが苦手であれば、カイロではなく、温熱シートなどの商品名で販売されているものを使うことをおすすめします。

 

●カイロの使用のメリット

カイロを貼りつけて血流をよくすることは、内臓型冷え性の大きな原因である、自律神経系の問題の解決にも役立つ側面があります。

 

また、内臓型冷え性が改善されて体温が上がると、免疫力と代謝が上がるのもメリットのひとつです。

そのため、内臓型冷え性かどうかはわからないが、ダイエットをしたいという方の中には、カイロを貼りつけるだけのカイロダイエットをする方もいます。

 

免疫力・代謝アップ・冷え性改善といいことだらけですので、一度カイロをお腹に張り付けてみることをお勧めします。

 

 

関節をほぐしやつま先立ちが効く?!冷え性解消トレーニング

体が冷えてしょうがない……でも、泣き言ばかりは言っていられません。

冷え性に負けないためのトレーニングをご紹介します。

 

<手首と足首の関節を柔らかくする>

体の末端は特に冷えますよね。関節をほぐしてあげることで血流を促進します。

  

・手首まわし

体の前で手を軽く組み、ゆっくりと大きく回します。

あまり急ぐと手首を痛めてしまうので注意しましょう。

手首の関節がしっかりほぐれたら、必要に応じて指も揉み解してあげましょう。

 

・足首まわし

こちらもゆっくりと大きく回すのがポイント。

夜はお風呂の中でつま先を持って回してあげると足先までポカポカ、リラックスして快眠にもつながります。

 

<つま先立ちトレーニング>

姿勢を正してつま先立ちをします。

ここで下腹や腰回りの筋肉を体の中心に引き寄せるように意識しましょう。

体幹を鍛えて骨盤の歪みが改善されると血行が良くなり、冷え性が改善されます。

 

冷え性の解消には筋肉を増やすなどの体づくりも大切ですが、ジムに通い詰めたり特別なトレーニングをしなくても日常でできるちょっとした動作でも十分に改善できます。

 

大切なのはとにかくやってみること、そして続けること!

頑張って冷え性に打ち勝ちましょう!

 

 

内臓型冷え性の予防に効くお腹マッサージ!上下にさするマッサージ&のの字マッサージ

内臓型冷え性の予防のために是非行いたいのが、お腹のマッサージです。お腹が冷えやすい方は、一度マッサージを試してみてください。

 

●上下にさするリンパマッサージ

お腹の冷えを改善するために、お腹全体を温めるリンパマッサージを行っていきます。

1.胸の下から股関節まで、まっすぐに指をさすり下ろすようにする

2.背中の肩甲骨の下から腰のあたりまで、まっすぐに指をさすり下ろすようにする

3.足先から太ももの付け根まで、指をさすりあげるようにする

たった3ステップのマッサージですが、1か所につき30秒くらいかけてゆっくり行うことで、リンパが流れてお腹が温かくなります。

 

●+αで効果あり!便秘にも効くマッサージ

内臓とお腹を温めるだけではなく、便秘にも効くマッサージがあります。おへそまわりのリンパの刺激を中心に行うマッサージです。

1.仰向けになって、膝を軽く立てる

2.おへその右下から、時計回りに『の』の字を描くようにマッサージ

3.最初は、おへそを中心にした小さい『の』、徐々に範囲を広げていく

4.1つの『の』に対して5回ずつマッサージすればOK

こちらは寝る前やリラックスしているときに、ぜひ行いたいマッサージです。

 

●オイルを使うのもOK

内臓型冷え性のマッサージをするときに、オイルを使うのもひとつの方法です。

マッサージをしているときに手の滑りが悪くなり、皮膚がひきつるのを防止できるメリットがあります。

体を温める精油であるジンジャーやローズマリーなどを、オイルに数滴たらして自分なりのブレンド精油を作ってみてください。

 

オイルを使う以外には、クリームでのマッサージもあります。熱感を持つクリームもありますし、皮膚の状態を整えるクリームもあります。

冷え性以外の点でどんなところを重視したいかも考えて、適切なものを選んでください。

 

 

「熱の産生量が少ない」タイプの冷え性の予防と対処法について

「冷え性」とひとくちに言っても、そのタイプはいくつかに分けられます。ここでは熱の産生量が少ないために冷え性になっている人が、生活の中で冷えを予防するための対策について見ていきたいと思います。

 

■熱の産生量が少ない冷え性って?

外気に冷やされたからだは、全身をめぐっている血液によって温められます。しかし、からだに熱のたくわえが少ないと、からだを十分にあたためることができず、だんだん冷えてきます。

熱のたくわえが少なくなる理由には、「熱の産生が少ないタイプ」と「熱を無駄遣いしているタイプ」とがありますが、ここでは「熱の産生が少ないタイプ」について、原因と対策を見ていきましょう。

 

 

■熱の産生量が少ないってどういうこと?

熱の産生が少ないタイプは、元気があまりない人や、感情の起伏が少ない人、やせ形で疲れやすい人に多いタイプです。

 

人の体は、生命活動をすることによって熱を作り出すので、生命活動のレベルが低いと、作り出す熱の量も少なくなります。では、どんな人が熱の産生量が少ないのでしょうか。

 

●からだをあまり動かさない人

からだは筋肉を動かすことによって熱を生み出します。筋肉が収縮するときに大量の熱が発生しますが、体に問題がなくても運動不足が長く続くと、活動レベルが低下すると同時に、筋肉による熱の産生も減少するので、熱のたくわえは減ってしまいます。

 

【対策】

健康だけど運動不足や筋力不足を感じていている人は、体を積極的に動かすようにしましょう。とくに、大きな筋肉を大きく動かすと、マッサージを受けているのと同じような血行促進効果があります。大きな筋肉とは、ふくらはぎや太もも、お尻の筋肉のこと。つまり、ウォーキングが最適です。

 

●気分の抑揚が少ない人

気分の状態でも熱の産生量は変わります。楽しいことを考えているときは、憂鬱な気分が続いているときよりも熱の産生量は多くなります。感情の起伏少なく楽しく笑う機会が少ない生活を続けていると、熱の産生が減って、からだも冷えてきます。

 

【対策】

淡々とした生活を送っているな…と感じる冷え性さんは、意識的に「ワクワク感」や感動のある生活を心がけてみましょう。お笑い番組を見て笑う、好きな芸能人のライブに出かける、ショッピングを楽しむ、資格試験に挑むなど、感情が高まることなら何でもOKです。

 

●虚弱体質の人

東洋医学では、熱は先天的な生命力を蓄える「腎」や、後天的に生命力を補充する「脾」で産生されるとしています。腎臓や脾臓が弱い虚弱体質の人は、無理やり食事をすることは熱を作る材料だけをいれても、かえって負担を増やしてしまいます。こうしたタイプの人はむしろ空腹感を感じられるように食事を控えた方が冷え性の予防になります。

 

【対策】

食欲のない時はむりに食べないで、空腹感にあった食事量にします。

 

いかがでしょうか。自分に当てはまりそうと思ったら、生活を見直してみてはいかがでしょうか。

(Photo by:写真AC) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

冷え性に関する記事

足の冷えに効くツボを試してみよう!冷え性にならないための手軽な6つの習慣!

普段の生活の中であまり体を動かすことがない人は、下半身や足が冷えやすくなって...

食べ物の種類・温度で脱「冷え」体質!冷房病に効く治療法!

腰の痛みの原因には「冷え」が大きく関係していると言われています。 それでは...


セルフお灸で冷えを改善!効果的な入浴方法とは?!正しい足の温め方

近年、自宅で行うお灸が人気です。血の巡りを良くするお灸は冷え性対策にも最適。...

カラダの中から手軽に温め!材料2つであったかスープレシピ3つ!

  温まる料理と言えばやっぱりスープですよね。できるだけ毎日温かい汁物を1...

カラダノートひろば

冷え性の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る