カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 肩こり >
  5. 親がよくチェックしよう!子どもの肩こり…確認するのは肩の高さと普段の生活状況です

育児・子供の病気

親がよくチェックしよう!子どもの肩こり…確認するのは肩の高さと普段の生活状況です

肩こりはデスクワークなどをしている方や主婦に多いですが、子どもにも肩こりがあります。

子どもの肩こりを親が簡単にチェックできる方法を紹介します。

 

肩こりに気づかない子も多い

子どもは、鋭い痛みを表現することは上手に出来ても、鈍い痛みや慢性的な痛みの表現が苦手な子多いです。

そのため、肩こりのような『ずーん』と来る痛みをどう表現してよいかわからず、発見が遅れて症状が進んでしまうこともあります。

 

最近の子は、早ければ幼稚園くらいから肩こりするとも言われていますので、お父さんやお母さんが積極的に早期発見してあげる必要があります。

 

子どもの肩の様子から肩こりをチェック

まずは、子どもの立っているときの様子を見てみてください。真っ直ぐ立ってもらえればそれがベストです。

その状態左右の肩の高さが極端に違ったり、肩の骨の少し上あたりを押してもくぼみにくければ、肩こりが起きていると考えられます。

 

また、立った時にO脚が目立つ子は、姿勢が取れないことによる肩こりになりやすい、と言われています。

 

普段の生活の様子から肩こりをチェック

お子さんの普段の生活の様子からも、肩こりになるリスクが高いかどうか、現在肩こりになっている可能性があるかどうかをチェックできます。

普段からゲームをしたりスマホを見たり、眼精疲労が起きやすい環境にいる子は肩こりしやすいです。

その他には、外遊びをあまりしない子、座った時などにものに寄りかかったりしがちな子は、肩こりに注意が必要です。

 

お子さんにも肩こりはあるので、肩が痛い、なんだか変と訴えられた時には、肩こりやそのほかの病気の可能性を考えてください。

肩こりであれば、ストレッチなどをすることで対処可能です。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

肩こりに関する記事

子どもだって肩こりになるんです!あなたのお子さん、実は肩こりではありませんか?

自分のお子さんが、肩こりを訴えていたりしませんか?まだ子どもで肩こりなんて…と...

スケジュールいっぱいの子どもは肩こりの危険がある!現代っ子が肩こりになる理由

習い事や予定で1週間の予定がギッシリというお子さんは、訴えないだけで肩こりに悩...

ホームケアの体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

カラダノートひろば

肩こりの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る