カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. リラックス・癒し >
  4. 入浴 >
  5. 旅先のホテルでも出来る!お湯の温度調節が難しいときの疲労解消入浴法

美容・ダイエット

旅先のホテルでも出来る!お湯の温度調節が難しいときの疲労解消入浴法

旅先のホテルで困るのが、シャワーの温度などを上手に調節出来ないケースがあることです。

温度に関わらず、足や体の疲れを取れる入浴法を見ていきます。

 

●足のマッサージと足裏ツボ押し

どんな温度のお湯に入っていてもやりたいのが、足のマッサージと足裏のツボを押すことです。

足のマッサージにおいては、特に足がむくみやすい女性には欠かせない存在と言えるでしょう。

足首からふくらはぎにかけて、膝の裏までさするようにマッサージしていきます。

足の裏のツボ押しですが、ツボの場所を深く考えなくても、足の裏には大量のツボがあります。

とりあえず足裏をもむようにしておけば、自然にツボ押し出来ますし、血行がよくなって足の疲れ軽減にもなります。

 

●お風呂の後には常温の水

お風呂から上がったら、常温の水を飲むことをおすすめします。というのも、体が温まった後に、水を体内に入れることで、副交感神経の働きがアップするからです。

副交感神経が優位になると、人は眠気を感じるようになり、最終的によい眠りにつけるメリットがあります。

氷を入れた水や、キンキンに冷えたお酒・炭酸飲料などは、胃をびっくりさせてしまうことがあるので、常温の水もしくはお茶がベストです。

温かい飲み物を飲む場合でも、カフェインの入っているものは避けるようにしましょう。

 

シャワーの温度調節が難しいときには、一度熱いお湯を溜めてから水を入れて手動調節するのもおすすめです。

また、ゆっくり浸かることによっても副交感神経は刺激されますので、出来れば入浴の時間も考えて、早めにホテルに帰ってきた方がよいでしょう。

お風呂から上がったら、水を飲んでひとしきりリラックスし、早めに眠りについて翌日に備えましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

入浴に関する記事

温泉の成分・効能を知れば、温泉に入るのが100倍楽しくなる!?

  温泉は健康維持に最適。いろいろな温泉がありますが、よくある成分の効果を...

手軽なストレス解消法♪お風呂で歌おう!

  一日の疲れを取るのにはお風呂は欠かせません。 お風呂場は声がよく響く...


温泉に含まれる二酸化炭素の驚きな健康&美容効果を知ろう!

  炭酸泉と呼ばれる温泉は、保温効果が主な効能です。二酸化炭素がなぜ保温効...

疲れる「前」にお風呂で先に疲労回復!?体を動かす前の入浴で、疲労を溜めにくい体に!

     入浴は、体に溜まった疲れをとるものという印象がありますが、予防的に入浴...

カラダノートひろば

入浴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る