カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. 背中 >
  6. オフィスでも簡単に出来る!頭を抱える・肩を回す、2種類のストレッチでカンタン☆肩こり解消

健康診断・健康管理

オフィスでも簡単に出来る!頭を抱える・肩を回す、2種類のストレッチでカンタン☆肩こり解消

肩こりは、オフィスで働く人間にとっては、宿命ともいえるつらい存在です。毎日パソコンに向かっていると、朝から晩まで肩こりに悩まされる方もいるかもしれません。

そんな肩こりを、オフィスで解消するための方法として、ストレッチを紹介します。

 

●一瞬で肩の疲れが取れるストレッチ

肩が痛いけれど、どうしても早くやらなければならない仕事がある、というときにはサッと肩の疲れと肩こりを取るストレッチを試してみましょう。

1.頭の後ろで手を組む

2.息を吸いながら、肘を大きく開く(胸に空気をいっぱい入れ込むイメージ)

3.息を吐きながら、肘を軽く曲げつつ頭を前に倒す

4.背中を丸めて、頭を胸につけるようにする

5.そのまま深呼吸を3-4回する

6.息を大きく吐きながら両手で頭を押し、頭は手とは逆の方向に力をかける

7.息を吐き終わったら頭を上げる

 

●休み時間に肩回しストレッチ

上記で紹介した頭のストレッチよりも、少しだけ動きのあるストレッチです。

休み時間やトイレに立った時などに、習慣的に行ってみてください。

1.手を肩において、肘同士をくっつける

2.そのままついた肘を上げて、息を吐きながら肘を開き、外側に5回回す

3.次に、肘を開いた状態から、息を吸いながら内側に5回回す

4.2と3の動作をするときには、肩甲骨が回っているような感覚で行う

肩回しの基本的な動作ですが、肘と肩甲骨、そして肩全体を意識しながら行うとやりやすいです。肘がつかない場合は、無理してつけなくても構いません。

動作は、とにかくゆっくり行うようにすると、肩こりの効果がしっかりと出ます。

 

このほかには、両手を体の外に向けて、肩と手を連動させながら、ゆっくりと上げていくストレッチもお勧めです。

上に向かって、スローモーションでパンチをするようなイメージで、行ってみてください。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

背中に関する記事

ストレッチグッズを使用した猫背解消エクササイズ!

  猫背は肩や背中、足腰など、体全体をゆがませ負担をかけてしまう姿勢です。...

背中ストレッチの注意点

  ダイエットや凝り解消、あるいは健康維持の目的でストレッチを習慣にしている人...


肩甲骨のコリをほぐすには「大胸筋」をほぐそう!

肩こりというと首の付け根の「僧帽筋」がこることが多いようですが、肩甲骨付近が...

腕の位置を変えて、効果的な肩甲骨ストレッチ!

  日本人女性の9割以上が肩コリを感じている、あるいは肩こりに苦しんだ事が...

カラダノートひろば

背中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る