カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. お受験 >
  5. 必見!ツカレ親にならず、子どもも納得できる、中学受験の志望校の選び方

育児・子供の病気

必見!ツカレ親にならず、子どもも納得できる、中学受験の志望校の選び方

子どもの中学受験の際に、とにかく少しでも偏差値の高い志望校を選ばせがちなのが、ツカレ親です。

教育熱心と言えばそうなのですが、ツカレ親の志望校選びによって、子どもが受験に失敗するリスクも高くなります。

ツカレ親にならないために、中学受験の志望校の選び方を解説します。

 

●偏差値は意外と当てにならない

偏差値については、それほど気にするべき点ではありません。というのも偏差値ランキングは毎年変動していますし、偏差値では測れないものも多いからです。

学校の教育システムの変更や新コースの設立など、偏差値が変わる要素も多種多様です。

まったく気にしなくてよいというわけではありませんが、偏差値にとらわれすぎないように注意が必要なのです。

 

●校風の見極めが重要なポイント

偏差値は参考程度、ではどこを重視すればよいのかというと、何と言っても校風の見極めはもっとも重要なポイントと言えます。

大きく分けると自主的に勉強を促すタイプの校風なのか、しっかりと管理するタイプの校風なのかといった、勉強スタイルの違いがあります。

他人の目があったほうが勉強しやすい子なら管理してもらった方がよいですし、自主的にどんどん進みたい・やりたいと思う子なら、自由な校風が合っています。

勉強においては進度の確認も大切で、高校受験や大学受験(一貫校の場合)において、先取り学習はあるのかもチェックします。

先取り学習がある場合、ゆっくりじっくり学びたいタイプの子には、あまり合っていません。

中学生活(一貫校なら高校も含む)は、勉強だけではないので、部活の種類やそれぞれの部活での成績なども見るべきポイントです。

また、小学生のうちから海外に興味を持っている、グローバル家庭で育った子などであれば、交換留学制度などにも注目してみましょう。

 

中学受験をして公立の中学と別の学校に行くことは、子どものチャンスを増やす選択にもなります。

あくまでも子供の適性や校風を考えながら、受験校を一緒に絞っていきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お受験に関する記事

親であるあなたにも大きな負担が!受験ストレスの解消方法

小学校、中学校、高校、大学・・・今は、選択肢も広がり、幼児期から受験勉強をする...

誰のための受験?親の関わり方を見直す3つのポイント

「受験」に関わるストレスは受験する本人だけでなく、家族にも大きなストレスがかか...

ママの悩みの体験談

産後ママの時短スキンケア☆

子供が産まれるとどうしても自分の事は後回しになります。 今まで、雑ながらお風呂上りにすぐしていたス...

私の産後うつ体験談。当時の日記を抜粋します。

息子が生後3ヶ月頃です。 私は産後うつ状態で毎日のように泣いていました。 実家から遠く離れた...

カラダノートひろば

お受験の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る