カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 3歳以上 >
  5. 動作・行動 >
  6. 泣き叫び、怒り、騒ぐ…そんな感情的な子どもを落ち着かせるために必要なこととは?

育児・子供の病気

泣き叫び、怒り、騒ぐ…そんな感情的な子どもを落ち着かせるために必要なこととは?

うちの子、なんだかすぐに感情的になるしよく泣いてよく怒る…いったいどうやって対処したらいいのか、と思う親御さんに、感情的な子どもに対応する方法を紹介します。

 

●原始的に生きるのが子供の姿

大人になると、欲しいものでも売り物だからダメ、人のものだから許可を取って借りるといった、理性的な対応が出来るようになります。

一方で、幼児期の最初のうち(1.5-4歳まで)は、欲しいものには手を出す、気に入らなければ泣き叫ぶといった行動が多いです。

 

これは、ある意味では非常に動物的な行動なのですが、人間として生まれてきて5年もたっておらず、原始的に生きていることが当然とも言えます。

自分の感情を自分で上手に処理し、理性的に対処できないのが、子どもとしては普通なのです。

 

あとは個性の問題で、泣き叫ぶことが多かったり、怒ることが多かったりといった、さまざまなバリエーションがあります。

 

●受容と経験で子どもは変わる

では、そんな風に泣き叫ぶ子供にどう対処するべきかというと、受容と経験を何度もさせることがポイントです。

 

泣けばどうにかなる、という体験をすると今後も原始的に生きていく可能性があるので、泣いても叫んでもどうにもならないことがある、と体験させましょう。

実際、大人になっても売り物に手を出したり、何でも自分の思うように生きるわけにはいきません。

 

ですが、そこであきらめさせるだけではなく、自分の感情を自分で受け止められるように、まずは親御さんが子供の感情を受容してください。

 

『嫌だったのね』『欲しかったんだな』『悔しいんだね』『イライラするんだね』と言ったように、その時々の感情を言葉にして認めてあげることで、子どもの気持ちは自然に落ち着いていきます。

 

受容のテクニックは、子どもだけではなく大人にも使うことが出来ます。

イライラしてパートナーなどに当り散らされた時は、一歩引いてその人の感情を受け止めるようにすると、自然と相手が落ち着いてくることが多いです。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

遊びをゆずらない子どもへの対処法

  大人から目の高さからみて問題行動ととれるようなことも、 子どもの心に...

「絵本の読み聞かせ」が子どもの心をはぐくむ…読み聞かせの効果とは?

昔から「絵本の読み聞かせ」がよいとよく言われますが、それはなぜでしょうか? ...

動作・行動の体験談

イヤイヤ大魔王との戦い。

我が家の息子のイヤイヤ期は、2歳半からはじまり、イヤイヤ怪獣になったのがそのころです。 3歳直前か...

人見知りする?しない?

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 長女と次女では、性格って全然違うものなん...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る