カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 3歳以上 >
  5. 動作・行動 >
  6. 言い方がわかれば落ち着くようになる!感情的な子どもにセルフコントロールを学ばせる2つの方法

育児・子供の病気

言い方がわかれば落ち着くようになる!感情的な子どもにセルフコントロールを学ばせる2つの方法

子どもは大人に比べると感情のコントロールがまだまだ苦手で、感情の爆発がしょっちゅう起こります。

上手に感情をコントロールできる子になってもらうために、親としてどんなことが出来るのかを見ていきます。

 

●感情を小出しにすることを学ばせる

感情が爆発しやすい子の中には、普段いろんなところで我慢しているのが、一気に噴き出してしまうタイプの子もいます。

幼稚園では大人しいのに、家に帰るといきなり感情が爆発といったパターンでは、普段から感情を小出しに出来るように、親御さんが遊びの中で工夫してあげる必要があります。

例えば、くすぐったり一緒に走ったり、体と体が触れ合うような遊びは、感情表出のためにはピッタリです。

感情を少しずつ小出しにしていければ、不要な場所で激しく爆発する可能性も低くなります。

 

●いい方・言葉を教える

感情が爆発しやすいと言われる幼稚園くらいの子たちは、まだまだ語彙が少ない状態です。

だから自分の言いたいことが言えずに、大泣きして叫びだしたりするのです。

その場の状況を鑑みながら、今のその子の気持ちにふさわしい言葉を探して、教えてあげましょう。

相手にわかってもらえないとき、どんなふうに言えばわかってくれるか、どんな言葉があるか、一緒に考えてみるとよいでしょう。

 

言葉をしっかり覚えて使える時期になっても、なかなか感情のコントロールが難しい子もいます。

そういった場合は、ストレスが大きすぎたり、親の受容が足りなかったりといった問題も考えられます。

小学生くらいであっても、つらかったことや嫌だったことは、親がじっくりと時間を割いて受け止めてあげるのがおすすめです。

また、ストレス源がはっきりとわかっており、それがその子にはあまりにも大きいストレスなら、状況改善のために具体的な策を講じるのも有効です。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

遊びをゆずらない子どもへの対処法

  大人から目の高さからみて問題行動ととれるようなことも、 子どもの心に...

「絵本の読み聞かせ」が子どもの心をはぐくむ…読み聞かせの効果とは?

昔から「絵本の読み聞かせ」がよいとよく言われますが、それはなぜでしょうか? ...

動作・行動の体験談

イヤイヤ大魔王との戦い。

我が家の息子のイヤイヤ期は、2歳半からはじまり、イヤイヤ怪獣になったのがそのころです。 3歳直前か...

人見知りする?しない?

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 長女と次女では、性格って全然違うものなん...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る