カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 大丈夫!保育園生活になじめない子をなじめるようにするためには○○が効く!

育児

大丈夫!保育園生活になじめない子をなじめるようにするためには○○が効く!

保育園生活には、なかなかなじめない子もいます。初めての集団生活、お友達との関係など、戸惑うことも多いのです。

 

そんな中で、子どもが保育園に馴染めるように、親御さんが出来ることを見てみましょう。

 

友達問題は、基本的にあまり干渉しない

お友達とうまくいっていない場合には、親御さんはあまり干渉しない方がよいと言われています。というのも、子どもの問題は子ども同士が納得する形で解決するのが一番よい選択だからです。

 

ごめんね、もういいよといったやり取りを、子ども同士が出来るように、サポートしてあげる程度にしましょう。無理に謝らせたりすると、今度はそのことに対して不満が募って、抱え込んでしまうことがあります。

 

「親はいつもあなたの味方だよ」と伝えよう

集団生活になじめなくて保育園に行くのが苦手、という子の場合は、『お父さん/お母さんはいつもあなたの味方だよ』ということを伝えましょう。集団生活に馴染めない子は慎重なタイプで、どっしりとした安心感を求めます。

 

実際のところ、大人から見て非常に深刻な問題が起きているのでなければ、安心感を与えるだけで子供が保育園に行くこともあるのです。なんだか元気がないときは、あれこれ聞くよりも、とにかくその子の味方であることを伝える方が効果的です。

 

また、ときどきは保育園を休んで、1日お母さんかお父さんとゆっくり過ごす時間を作るのも効果的です。そのときは保育園のことは忘れて、その代り次の日になったら絶対に保育園に行かせる必要があります。

 

保育園に行く日の朝は、自然とテンションが低くなりがちな子もいますが、そこはお母さんお父さんがテンションを上げていきましょう。親が不安になると伝わってしまうので、『今日も元気に行こう!』と笑顔で送り出してあげてください。

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

お友達から傷をつけられた!?保育園で怪我をしてしまった時の冷静な対応

初めての集団生活である保育園。幼いお子さんたちは、まだ言葉で伝えることができず...

保育園で病気が流行りだした時に親が気をつける3つのポイント

お子様が無事に保育園に入園し、集団生活が始まりました。しかしそこで親は心配に...

保育園・施設の体験談

育休はいつまで?仕事に復帰できない!?

産休から育休に入り、毎日必死に子育てと家事に専念。 気が付けば、もう保育園を探す時期。 0歳...

一歳から保育園へ入園

育児休暇が終わり一歳になった娘を保育園に入園させました。 本当は3歳くらいまで自分でみてやりたかっ...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る