カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. SRSV >
  5. お肉には食中毒を発生させる原因菌がついている?!お肉の保存や調理方法

気になる病気・症状

お肉には食中毒を発生させる原因菌がついている?!お肉の保存や調理方法

お肉は衛生的な環境で解体などの処理が行われています。しかし、畜産動物には腸があり、腸管出血性大腸菌やサルモネラ菌などの食中毒を起こす原因菌が必ずある場所がついた状態で処理が行われます。極力これらの菌が販売される肉につかないような処理が行われますが、稀についてしまう場合もあります。このため、お肉を調理、食べる際は調理までの保存や調理方法に気をつけばければいけません。今回は厚生労働省のホームページを参考にお肉の調理までの保存や調理方法について紹介します。

 

お肉を買った際はすぐに冷蔵保存!


食中毒は一定量まで菌が増加しないと発生しません。もし、お肉に菌がついていても、増殖させなければ食中毒にはなりません。このため、お肉を買った際は寄り道をせずに帰り、すぐに冷蔵保存もしくは冷凍保存する必要があります。ハエなどがO157の原因菌を持っている可能性も報告されていますので、お肉に直接ハエがたからないようにすることも大切です。

 

お肉を扱う際は衛生状態に気をつけて


お肉を扱う際はまず、キッチンが綺麗な状態かを確かめてください。ハエがいないか、ゴミはないか、調理場所はふいたかなどを確認し、手を洗ってからお肉を扱うようにしてください。

 

お肉を調理する際は熱を通す


腸内に多い腸管出血性大腸菌(O157など)は75℃で1分間以上の加熱で菌が死滅します。このため、お肉は加熱して加熱したてを食べるのが安全です。ひき肉や、硬い筋や繊維を切り柔らかいお肉となるように処理(テンダライズ処理)したもの、味付けが行われている(タンブリング処理)ものは処理過程が多いため、菌にさらされる可能性が高いと考えられます。このようなお肉は中心部まで75℃で1分間以上加熱するように気をつけてください。レバー等もきちんと加熱調理してください。牛タタキ等は中まで火が通っていないので、食中毒を起こす危険性が高いと考えられます。体力が少ない乳幼児やお年寄りには食べることをおすすめできません。

 

 

お肉は菌にとって発生しやすい状態のものです。特に冷蔵保存、加熱調理に気をつけて扱ってください。

 

 

 

(Photo by:足成

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

SRSVに関する記事

「SRSV」の徹底的な感染予防まとめ

  SRSVは人の腸管上皮細胞に感染し、細胞を破壊して絨毛を委縮させ、細胞をはが...

真空パック商品が原因でも重い食中毒が起きる?!ボツリヌス菌の食中毒

   ハムやカツオのタタキなど真空パックで販売されている食品があります。真空パッ...


急性胃腸炎を引き起こす?集団感染の原因SRSVとはどんなウイルス?

  SRSV(小型球形ウイルス)は人に感染し、嘔吐や下痢などを伴う急性胃腸炎と...

食中毒の原因になる最新ウイルス、SRSVとはどんなウイルス?

  小型球形ウイルスSRSV 平成9年に食中毒の病因物質に、はじめてウイルス...

カラダノートひろば

SRSVの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る