カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 行事 >
  5. 赤ちゃんやお母さんの体調には気を付けて!お宮参りで注意したいこと

妊娠・出産

赤ちゃんやお母さんの体調には気を付けて!お宮参りで注意したいこと

  

お宮参りは赤ちゃんを持つ多くの家庭にとって思い入れのあるイベントであると思います。しかし、お宮参りは生後1ヶ月ごろに行われるイベントであり、赤ちゃんはもちろん、お母さんも出産でのダメージが抜けきれていない、授乳を行っているなどで体調を崩しやすい時期です。このため、お宮参りの時はできるだけ周りの家族が配慮する必要があります。今回はお宮参りの際の配慮する注意点について紹介します。

 

赤ちゃんやお母さんの体調に注意

赤ちゃんやお母さんは生後1ヶ月といった非常にまだ負担のかかる時期にいます。当日までの体調管理とともにお宮参りの衣装を決める場合も赤ちゃんが嫌がったり、体をしめつけるような服装は避けてください。また、服装を選ぶ日も赤ちゃんとお母さんの体調が良い日に行うようにしてください。 

 

気温や春夏秋冬の季節に注意

季節によっては暑さ寒さが厳しい時期にお宮参りをする場合があります。外での暑さ寒さによる赤ちゃんやお母さんの体調への影響も心配ですし、そのような時期は室内では冷房、暖房がきいている場合が多く、室内外の温度差も心配です。

 

このため、夏には室内が寒いときに赤ちゃんにかけるものを、冬は脱ぎ着できるものを選び、外では帽子やおくえうみなどを利用してください。おくるみはお宮参りだけのために派手なものを買うよりもふだんのお出かけにも使えるものを選ぶと後々便利です。お宮参りにも白でフリルやレースがついたものが販売されています。

 

 

赤ちゃんやお母さんが体調不良を起こしてしまうとせっかくのお宮参りも楽しめません。できるだけ2人の負担にならないように気をつけてあげてください。 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: いおさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

行事に関する記事

一生食べ物に不自由しないように!お食い初めは平安時代から行われている!?

お食い初めは赤ちゃんが生まれたことを祝う満1歳までにある行事です。今回はこの行...

赤ちゃんに最年長の人がお祝い膳を食べさせる?!お食い初めの作法について

   お食い初めという言葉は出産前などに聞いたり、雑誌等で見かけたりしたことが...

行事の体験談

みんなが大好きアンパンマン!

1歳すぎた1歳半ごろ、クリスマスプレゼントとして買いました。 中には、お菓子がいくつか入っていて食...

ドタバタのお宮参りに行ってきました!

つい先日お宮参りに行って参りました。 恥ずかしながら私たち夫婦はお宮参りという行事がある、というこ...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る