カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. お宮参りの際にあかちゃん用に準備する服装は?

妊娠・出産

お宮参りの際にあかちゃん用に準備する服装は?

  

お宮参りは現在、赤ちゃんが無事誕生したことを神様に報告することや、家族での団らんをもつこと、節目的な意味をもつ行事です。お宮参りは赤ちゃんが主役のためきちんとした服装を用意してあげたいものです。今回はお宮参りの際にあかちゃん用に準備する服装について紹介します。

 

用意する側も実は決まっている


赤ちゃんが着るお祝い用の服は実は母方の実家が用意するものとされています。ただ、時代に合わせて服装は変化しており、現在では上記のような正式な祝い着よりもベビードレス(赤ちゃんのおしゃれ着)で行う方が増えているようで、正式な祝い着は記念写真撮影用にレンタルするといった方もいらっしゃるようです。


和服・和装の祝い着


男の子
白羽二重という内着(着物)に紋の付いた祝い着を羽織る形です。紋の付いた祝い着は色が黒、紺、紫、白などの染め抜きが多く、紋はおめでたい図柄や男の子らしい図柄が多いです。

女の子
男の子と同様に白羽二重という内着(着物)に紋の付いた祝い着を羽織ります。女の子が羽織る紋の付いた祝い着は色が赤や紅、ピンク、白で花や吉祥紋様、御所車などの模様がついているものが多いです。また、男の子・女の子ともに赤ちゃんに着せる内着(着物)を白のベビードレスで代用する方も最近では出てきているようです。

 

洋服・洋装の祝い着


男の子
ベビードレスを着用します。色は白が一般的ですが、淡い色(薄いブルー、淡いピンク・ベビーピンク、薄い黄色など)も着用するようです。帽子、靴もベビードレスと同系色のものを選んでください。

女の子
男の子と同様にベビードレスを着用します。色は白が一般的ですが、淡い色(薄いブルー、淡いピンク・ベビーピンク、薄い黄色など)も着用するようです。

 

※ベビードレスとは足の部分が全て包まれているのではなく、スカートの用にあいてドレス状になっているもの

 

 

また、和装・洋装ともに抱っこする時用のケープを用意する方が多いです。

上記を参考に赤ちゃんの体調に合わせた服装をえらんであげてください。

 

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

退院後の生活!赤ちゃんと自分のために家事はどこで手を抜く?

   病院での生活を終えて、赤ちゃんとの新しい生活をスタートするのは楽しみな反面...

育児がイヤになっても忘れないで!

   出産後の生活は、新しいことやわからないことばかりです。育児書に書いてある...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る