カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 着替え >
  4. 選び方・切り替えタイミング >
  5. 秋生まれの赤ちゃんのために必要なのは、気温の変化に対応できる肌着!

育児・子供の病気

秋生まれの赤ちゃんのために必要なのは、気温の変化に対応できる肌着!

秋生まれの赤ちゃんとは、9-11月生まれの赤ちゃんを指しています。

妊婦さんにとっては夏越えが大変なデメリットはありますが、過ごしやすい時期に赤ちゃんが生まれてこられるメリットもあります。

そんな秋生まれの赤ちゃんのために必要な、出産準備品を見ていきます。

 

季節で変わるのは肌着の枚数

ベビーベッドやおむつなどのベビー用品は、どの季節に生まれたとしてもそれほど大きな違いはありません。

違いが出てくるのは、季節によって違う温度に対応するための、肌着の枚数です。

短肌着、コンビ肌着の枚数などを、秋に生まれてくる赤ちゃん用には何枚必要なのかを解説します。

 

 

コンビ肌着・短肌着は多めでOK

秋生まれの赤ちゃんのさらされる環境は、暑くなったり寒くなったりを繰り返しながら徐々に寒くなる気候です。

過ごしやすい時期ではありますが、気温差にうまく対応することが健康を守るためのポイントです。

 

短肌着は6枚程度、コンビ肌着も同じく6枚程度で、この2つを上手く使って暑さ・寒さに対応していきましょう。

また、冬に向けて防寒ウェア(防寒スーツ)も、早めに買っておいた方が良いです。足先や手先まで覆えるタイプの商品が、特におすすめです。

短肌着、コンビ肌着だけで足りない時には、ベストを使って保温する方法もあります。大きめのベストを1枚買っておいてもよいかもしれません。

 

 

赤ちゃんの肌着の基本は、大人よりも1枚多めに着せることです。大人よりも体温調節がうまくないので、赤ちゃんを保温してあげなければなりません。

秋生まれの子の場合は、その日の天気や気温、室温を見ながら、適宜肌着枚数を調節できるようにするのがお勧めです。

短肌着は吸湿性のよいものを買うようにしてください。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方・切り替えタイミングに関する記事

寒いからと子供に厚着をさせ過ぎてはダメ!厚着の“弊害”

  「子どもは薄着がいい」とよく言われていますが、子どもに厚着をさせすぎて...

冬の子育て~薄着で元気いっぱい丈夫な子に育てよう~

親子で過ごす毎日はいかがでしょうか。寒くて今日は、何して過ごそう・・・なんて...

選び方・切り替えタイミングの体験談

かわいい服をたくさん着せたい☆

私は白・黒・ストライプ・ボーダーが好きです。 服もインテリアもほとんどそうです。それに赤とピンクを...

サイズだけじゃない?子供の靴選び。

歩くことが上手になってきて、ファーストシューズを購入していざ公園デビュー! 日に日にどんどん歩ける...

カラダノートひろば

選び方・切り替えタイミングの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る