カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. 秋も注意が必要です!溶連菌感染症の治療中に親御さんがしたいこと、気をつけたいこと

育児・子供の病気

秋も注意が必要です!溶連菌感染症の治療中に親御さんがしたいこと、気をつけたいこと

子どもがもっともかかりやすい病気とも言われるのが、溶連菌感染症です。

急な発熱や食欲不振、いちごのような赤みが舌に出るのが特徴で、1週間ほどで回復することが多いです。

そんな溶連菌感染症を治療中のお子さんを持つ親御さんが、生活の中で注意したいことを紹介します。

 

●抗生物質は処方分をしっかり飲ませる

溶連菌感染症で病院を受診すると、10日くらいぶんの処方薬を処方されることが多いです。

熱が徐々に下がっていき、子どもも当初ほど具合が悪く見えないので、途中で処方薬を止めてしまう親御さんがいるのですが、それは問題です。

10日から2週間、出された処方薬はしっかりと続けるようにして、溶連菌を最後まで胎児しましょう。

溶連菌が最終的にいなくなったかどうかは、2-3週間後の検査でわかります。

 

●看病中に罹患しないように注意

溶連菌感染症は子どもにだけ見られる病気ではなく、大人にもみられる病気です。

かかりにくいとは言え、お子さんが溶連菌感染症にかかっている間は、親御さんが自分自身に感染しないように注意が必要なのです。

お子さんの看病を終えて部屋から出るとき、お子さんが寝ていてちょっと離れるときなどに、手洗いやうがいを1回挟むだけでも予防効果は異なります。

また、マスクを着用するのも効果的ですので、お子さんからの罹患を防ぐようにさまざまな対策を取りましょう。

 

溶連菌感染症の治療は抗生物質を飲むのが一般的で、あとはゆっくり休んで様子を見ます。

喉の痛みが強く出やすいことから、食事を上手に飲み込めずに、食事自体を嫌がる子もいるようです。

そんなときは、おかゆなどの柔らかいものにすることで、大分問題を解消できます。

また、水分補給をさせることも忘れないでください。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

RSウイルスをご存知ですか?乳幼児は気をつけたい呼吸器感染症!

乳幼児を育てているママなら心配なのが冬場に流行するインフルエンザなどの感染症で...

2015年今冬は全国的に流行の兆し、「おたふく風邪」による髄膜炎・難聴予防にワクチン接種を!

最近、「おたふく風邪(流行性耳下腺炎)」の流行が全国的に拡大しつつあるた...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る