カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. >
  5. 子どもがかかりやすい百日咳!呼吸困難や顔色に異常が出たらすぐに病院へ行こう

育児・子供の病気

子どもがかかりやすい百日咳!呼吸困難や顔色に異常が出たらすぐに病院へ行こう

百日咳とは感染症の一種で、原因となる菌は百日咳菌というものです。

重症化しやすいのは3か月以下の乳児で、咳が止まらないのが特徴の病気です。

ここでは、そんな百日咳の咳の特徴や初期症状を紹介します。早期発見が大切ですので、出来るだけ早くお子さんの百日咳を見つけて、病院へ連れて行きましょう。

 

症状は連続する咳、笛のような音…

百日咳の咳は、一度聞いたら忘れられないほど印象深い咳と言われています。連続してコンコンと咳をし、その後息を吸い込むと笛のような音がします。

このような咳が出た場合には、まず間違いなく百日咳と考えてOKと言えます。

ですがこの咳の特徴、実は大人や生後6カ月未満の乳児には見られにくいのです。

このことから、乳児の方が百日咳が発見されにくく、結果的に重症化することが多いとされています。

 

呼吸が止まる、顔色が悪い…なら病院へ!

生後6カ月未満の、まだ咳に特徴のない状態で百日咳にかかった場合、ポイントとなるのは呼吸や顔色です。

呼吸がフッと止まったり、顔色が青っぽい感じがあれば、病院で治療を受けなければいけない時期と言えます。

それ以前に風邪のような症状が見られたときは、それが百日咳のスタートである可能性も高いです。

痙攣を起こす子もいるので、そのような場合にも病院へ連れて行ってください。

 

湿度を高めに、水分補給もさせましょう

百日咳では咳がずっと続く上に、喉から胸にかけての不快感も伴います。

部屋の環境としては湿度を少し高めに調整して、水分補給を随時させてあげましょう。

そうすることで、百日咳の症状が和らぐ可能性も高いです。

 

百日咳になってしまった場合、特有の咳が出なくなるまでは、出席停止扱いとなります。

家でゆっくり休ませるとともに、栄養のつくものを食べさせてあげましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

咳に関する記事

長期化する咳の怖さ:百日咳

  ○ 百日咳とは 百日咳は、百日咳菌が感染しておこる病気です。   ...

子どものはげしい咳!もしかしたら近年増加中の「咳ぜんそく」かも…

咳だけが数週間たってもなかなか治らない…。風邪を引くたびに咳が長引く…。 それ...

咳の体験談

子供の熱を計ってみると40度!娘、初めての救急病院

つい先日の深夜、娘が初めて救急病院のお世話になりました。私には5歳の息子と2歳になる娘がいるのですが...

やっぱり手洗いは大事

我が家の取柄と言ったら、あまり病気をしないことです。 この時期になると咳や鼻水が出ることはあります...

カラダノートひろば

咳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る