カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. 赤ちゃんのインフルエンザを徹底予防!○○が重要!周囲の大人ができる予防法まとめ

育児・子供の病気

赤ちゃんのインフルエンザを徹底予防!○○が重要!周囲の大人ができる予防法まとめ

インフルエンザは、抵抗力の弱い赤ちゃんがかかると、インフルエンザ脳症やインフルエンザ脳炎の危険性もあります。

出来ればインフルエンザにかからないで、一冬を越すのが重要です。

赤ちゃんのインフルエンザ予防法を、いくつか紹介します。

 

●周囲のインフルエンザ予防が最も重要

赤ちゃんと同じ家に暮らす人、赤ちゃんのいる家に来る人が、適切なインフルエンザ予防をすることが必要です。

インフルエンザウイルスは人から人へと移っていきますので、赤ちゃんのいる環境にウイルスを持ちこまないように、親御さんを始めとした周囲の大人の予防が重要なのです。

大人は帰ってきたらまず手洗いとうがいを、人ごみにいくときには大人も赤ちゃんもマスクをする、防寒をしっかりするなどの予防方法があります。

 

●抗菌効果のある飲み物を飲ませる

自分でうがいが出来るならそれがベストですが、まだうがいができない子でも、インフルエンザ予防のために出来ることはあります。

それが抗菌効果のある成分を含む飲み物を、飲ませることです。具体的には番茶、ほうじ茶などがあります。

これらのお茶を飲みやすい温度にして、1日に何回か飲ませてあげることで、インフルエンザや風邪予防につながります。

 

インフルエンザ予防では、環境整備も重要なポイントとなります。ウイルスが活動しにくい湿度は50-60%ですので、湿度計でチェックしてみてください。

●空気の入れ替えも忘れずに

また、空気の入れ替えも病原菌対策にはうってつけです。適宜換気をすることで、部屋に入り込んだウイルスを追い出せます。

もしも家族の中にインフルエンザにかかって、症状も出てしまった方がいる場合は、出来るだけ赤ちゃんと接しないように工夫してもらいましょう。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

予防接種に関する記事

同時接種には危険性がある?!子供のワクチン接種の安全性

  特に0歳児のワクチン接種の数は多く、スケジュールも厳しいことから、同時...

1歳代に受けたい予防接種まとめ

  0歳代でようやくワクチン接種も落ち着いたかなと思ったら、1歳になったらまた...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る