カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 急に倒れた >
  5. 子どもが倒れた時の応急処置!乳児の心肺蘇生法のポイント

育児・子供の病気

子どもが倒れた時の応急処置!乳児の心肺蘇生法のポイント

子供4

子どもが突然倒れて意識がないときは、心肺蘇生の必要があります。大人と乳児では方法が少し異なるのでポイントをまとめます。

 

1,反応を確認する

声をかけて反応の有無を確認します。足の浦をくすぐるなどしても良いです。

 

2,助けを呼ぶ

反応がなければ助けを大きな声で呼び、「あなたは119番通報してください」「あなたはAEDを持ってきてください」など具体的に指示を出します。ひとりきりの時は、まず119番通報をしましょう。

AEDは大型の商業施設や、公共施設、学校にも必ず設置してあります。学校などでも事情を話せば貸し出すことになっています。

 

3,呼吸の確認

胸やお腹の上下で確認します。

 

4,胸部圧迫

・圧迫位置は両乳頭を結ぶ線の少し足側

・胸骨圧迫は指2本でおこないます

・1分間に100回の速いテンポで30回連続して絶え間なく圧迫します

・圧迫の強さは旨の厚さの3分の1程度を目安にします

・乳児だからといってこわごわ圧迫しては効果はありません

 

5,人工呼吸

・胸部圧迫後、気道確保して2回行います

・人工呼吸が先でも構いません

・口対口で行うことが難しければ、大人の口でこどもの口と鼻を全部おおって口対口鼻人工呼吸をします

・肺が小さいので、鼻はかるーく、ちょこーっと入れるつもりで行います

 

6,心肺蘇生(胸部圧迫と人工呼吸)を継続

・胸部圧迫30回、人工呼吸2回を継続して続けます

・乳児の場合は意識消失の原因が窒息が最も多いため、人工呼吸は省略せずに行います

 

7,AED

・小児用パットが備わっているときはそれを電極パットにかかれている絵と同じように張ります

・成人用しかない場合は、心臓をはさむように胸と背中に1枚ずつ張ります

・パットを張っている最中も心肺蘇生は継続します

・AEDの指示に従って操作を行います

 

子どもに対してどのような応急処置の方法をとることができるのか、イメージだけでもつかんでおくと、いざというときに役に立ちます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/03/29-346224.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

急に倒れたに関する記事

子どもに多い脳貧血~突然倒れた時の応急処置

持病がないのに子どもが突然倒れる場合、脳貧血が原因になっていることがあります。...

子供が急に倒れた!どうしたらいいの?

  子どもが急に倒れた時にはつい慌てて取り乱してしまうかもしれません。何をやっ...

ケガ・応急処置の体験談

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

カラダノートひろば

急に倒れたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る