カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 子育て支援!ファミリーサポートセンター

育児・子供の病気

子育て支援!ファミリーサポートセンター

 

保育園や幼稚園にお子さんを預けると、どうしても仕事を休んだり、早退しなければならない事情が出てきます。

 

・子供が熱を出した

・子供が怪我をした

・台風などの警報が出て、急遽休業となった

 

など、色々な理由で子供を預ける場所に困ったり、急いでお迎えに行かなくてはならないことがあります。

 

でも、頼れる祖父母や知人もいないし、ご主人もお仕事の都合をつけられない方が多いでしょう。

私も自分以外の身内に子供を預ける環境にはありません。

 

そんなときに役立つのが、ファミリーサポートセンターです。

ファミリーサポートセンターとは、子育てで援助して欲しい人と、子育てを援助したい人が登録している子育て支援制度です。

 

援助されたい人は、私たちワーキングマザーを初めとする子育て世代。

援助したい人は、子供が育って時間を有効に活用させたいという世代。

 

センターに登録することで、この援助したい人にお迎えや、病児保育をお願いすることができます。

 

1時間当たり数百円という、支援センターの一時預かりと同じくらいの金額が掛かります。

ベビーシッターさん、というような感覚でしょうか。

 

援助したい人は一般の方で保育士資格などは持っていません。

しかし、活動する為に必要な知識を身につける研修を受けています。

 

1度頼んだ方にまたお願いしたいという場合は、その方の都合がつけば、次回もお願いするということも可能です。

 

地域によって、1時間あたりの金額や利用規則などが異なるかと思います。

是非一度、お住まいの自治体に確認してみてください。

どうしても!というときに役立つかもしれません。

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/01/01/42/baby-20339_640.jpg)

著者: なるこさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

幼稚園の費用はどうやって捻出すればいいの?

          「我が子も無事にすくすくと育ち、いざ入園!」と入園を目前...

ベビーシッター選びは慎重に!事件が起きないために~ベビーシッター選びのポイント~【前編】

少し前に、民間の無資格のベビーシッターによる幼児虐待がニュースになりました。...

保育園・施設の体験談

【1歳と3歳】保育園児の平日家でのスケジュール

一歳代から子どもが保育園に行きだすようになりました。 保育園のある平日は朝も夜もバタバタです。 ...

0歳からの保育園。

私は小さい会社に勤めていたので、長い育休を取ることができませんでした。同僚は産後一か月で復帰した人も...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る