カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 乳腺炎 >
  6. 快適に母乳育児を行いたい!なぜ乳腺炎になるの?生活を振り返ることが大切!

育児・子供の病気

快適に母乳育児を行いたい!なぜ乳腺炎になるの?生活を振り返ることが大切!

ケーキ

できるなら、トラブルなく快適に母乳育児を行いたい!母乳トラブルで多くみられるのが乳腺炎です。乳腺炎の原因を知ることで、乳腺炎を予防しましょう。

 

ママ側の原因

授乳間隔が開きすぎた

2時間半から3時間ごとに母乳が作られて湧いてきますが、うっかり寝過ごして夜間の授乳ができなかったりなど、何らかの理由で授乳・搾乳ができなかった時に、乳房に乳汁が溜まりっぱなしになってしまい、乳腺炎になる可能性が高くなります

高カロリー・高脂肪食

出産後は「お祝いだから」、「精をつけなきゃ」などの理由で赤飯やお餅をたくさん食べたり、肉類や油分の多い料理や糖分の多い洋菓子をいただいて食べたりなどの機会が多いかもしれません。しかし、これを続けているとあまり美味しくない乳汁が、赤ちゃんが飲む以上の量作られることになります。美味しくないのであまり飲んでくれない上に、たくさん作られてしまうので乳房の中にどんどんと溜まっていってしまいます。

強い疲労や強いストレス

直接的な原因ではないにしろ、結婚式や引っ越し、上の子の運動会など大きな行事があったときはなりやすいようです。

 

赤ちゃん側の原因

赤ちゃんが上手に飲めない

吸い付く力が弱かったり、上手に吸い付けない時などで乳房に乳汁が残ってしまう時があります。乳頭を乳輪ごと深くくわえさせ、ゆがめたり、潰したりしないようにしましょう。また、様々な姿勢で飲ませて、一部の乳腺からのみ飲まないように気をつけてあげましょう。

 

外的な原因

赤ちゃんに強く叩かれた、ぶつけた、きついブラジャーをしている、おんぶ紐で締め付けられているなどの外的な力が加わって、乳房の組織が損傷してしまうことがあります。これが乳腺炎の原因となることもあります。

 

様々な要因が絡み合って起こる乳腺炎。赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれるのは、長いように思えてもほんの一時の事なので、できることは気をつけてみましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/04/12-388019.php

著者: amママさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳腺炎に関する記事

授乳中に起こるものだけではない!どうやって治す!?種類別乳腺炎の治し方

乳腺炎には、授乳中に起こるものだけではないって知ってましたか?授乳中に起こるも...

授乳中だけじゃない!?乳腺が炎症を起こす3つの病気

授乳中の乳腺炎はよく見られますが、実は授乳中以外にも乳腺炎がおこることがありま...

乳腺炎の体験談

侮れない乳腺炎。高熱と入院

「乳腺炎は痛いよ~」想像以上に辛いものでした・・。 3日間続く高熱、入院を経験。 もうかかりたく...

ガチガチオッパイ(´πωπ`*)

木曜日、予定外で夜お仕事になってしまったんです。。 いつもなら20時なんですがその日は19時に自宅...

カラダノートひろば

乳腺炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る