カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 乳房のセルフチェックは大切!この胸のしこりは大丈夫?~乳腺のう胞について~

女性のカラダの悩み

乳房のセルフチェックは大切!この胸のしこりは大丈夫?~乳腺のう胞について~

女性9

乳房のセルフチェックはとても大切なことです。もし、自分自身の胸にしこりが見つかったら…。

 

乳腺のう胞というしこりの原因についてまとめます。

 

乳腺のう胞とは

・乳腺症の一症状で、乳管に液体がたまった状態です。

・30代から50代の女性に多くみられます

・のう胞状(水泡状)になります

・約1cm程度の大きさになった時にしこりとして感じられます

・数ミリから10センチ程度のものまで大きさは様々です

・しこりは、やや柔らかく、つるつるとした丸い感じです

・乳頭から分泌物が出ることもあります

・押すと痛みを伴うことあります

 

原因

・乳腺に分泌された液体がたまって形成されます

・卵巣ホルモンの働きが関与して、乳腺に変化をもたらしています

・乳腺全体に複数できたり、両側の胸に見られることも多くあります

・授乳期にできたもので、ミルクが貯留したものはミルクのう胞とよばれます

 

検査

・超音波検査で検査することができます

・乳がんの一部でものう胞を形成する可能性もあるため、定期検査が必要です

 

治療

・のう胞の中身が乳腺から分泌された液体だけであれば経過観察で治療の必要はありません

・のう胞の中身が血性の液体の時は精密検査が必要になります

・のう胞内(のう胞の壁)に腫瘍が確認されることがあります。悪性である場合があるので精密検査が必要になります

・のう胞内に液体以外のものがあれば、針を指して細胞を採取して細胞検査を行います

・のう胞が大きく圧痛があるなどであれば、針をのう胞にさして、たまっている内容物を吸引します

 

「前にも乳腺症って診断されたから」「乳腺のう胞っていう診断になったから」と油断してはいけません。そこから、もしくは全く別の場所から違う疾患が発生する可能性もあるのです。

 

日々のセルフチェックとともに、定期的な検診を受けましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: amママさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

乳腺症のつらい痛みはどうすればいい?ホルモン療法や漢方薬などの薬物治療

  乳がんではなく、良性の変化といわれる乳腺症。良性の変化であっても、しこりと...

検診を受けていても乳がん発生となる原因は?遺伝子と増殖能について

がんの発生は、家族歴がない場合であっても、後天的にがん抑制遺伝子などが変異・...


乳がんを切らずに治す『RFA(ラジオ波熱凝固療法)』に再発の可能性?その理由とは

  乳房温存術の中でも『RFA(ラジオ波熱凝固療法)』は再発率が高い? ...

乳腺症を調べてもらうには?乳腺超音波検査を受けるのがオススメ!

  乳房の中には乳腺と言う母乳を作り出す働きがある臓器があります。この乳腺がた...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る