カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 突き抜けるような痛みのことも!自分でできる乳腺症の痛みの対処法

女性のカラダの悩み

突き抜けるような痛みのことも!自分でできる乳腺症の痛みの対処法

海藻

乳腺症の症状の出方は様々です。痛み自体がストレスになったり、痛みの辛さをなかなか理解してもらえなかったりすることでつらい気持ちが増幅してしまうこともあります。乳腺症の痛みに対して、自分自身でできる対処法をまとめます。

 

対処法の考え方

乳腺症は女性ホルモンであるエストロゲンが大きく関与していると考えられています。このエストロゲンが過剰に分泌することで症状が強く出るので、なるべくエストロゲンを分泌しすぎないような状態を整えてあげます。

 

食事

食事で摂取する脂肪の量を減らしましょう

脂肪の過剰摂取がエストロゲンの過剰分泌につながるといわれています。昨今欧米化してきた食生活では、脂肪の摂取量が増える傾向にあります。脂肪分の少ない和食でも、薬味を使ったり、野菜でボリュームを出すなど、食事を気をつけるだけで痛みはだいぶ収まります。

 

ヨードを多く摂取しましょう

ヨードを摂取することで、エストロゲンの分泌をおさえることができます。ヨードが多く含まれている食品は、昆布、昆布のだしが入った食品、海藻、昆布エキスや海藻エキスが入ったスポーツドリンクや栄養補助食品などです。

 

カフェインの摂取量を減らしましょう

カフェインを過剰摂取することで、エストロゲンが過剰に分泌されるといわれています。コーヒーを日になんども飲む人は、1日1~2杯などに減らしてみましょう。カフェインの少ないお茶、ハーブティーに変更したり、ノンカフェインやたんぽぽコーヒーにするとよいでしょう。ノンカフェインで物足りない人はフレーバーを足すなどすると、よりコーヒーに近くなります。

 

生活習慣

ストレスを溜めないようにしましょう

生理前はエストロゲンが多く分泌されやすいですが、そこにストレスが加わることで増大するということが知られています。ホルモンバランスの影響もあってイライラしたりなどの症状が出やすい時期ではありますが、リラックスできる時間を設けてみましょう。

 

しっかりと睡眠を取りましょう

睡眠が不足するとホルモンバランスが崩れやすくなるといわれています。睡眠を始めとした規則正しい生活を送ることでホルモンバランスも安定させましょう。

 

体にあったブラジャーをする

乳房が揺れることで痛みが誘発されるので、体にあったブラジャーで乳房を固定して痛みが出ないようにしましょう。

 

楽しみがあって、規則正しい生活と健康的な食事で痛みの緩和をはかってみましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/07/12-005331.php ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

40代以上から多い乳がん*『マンモグラフィー』単独では発見が難しい?!

50代女性でも、『マンモグラフィー検診』単独では3割が乳がんを見逃されている...

日本人女性16人に1人が罹患の乳がん!~定期検診の必要性~

    ■日本人女性の16人に1人が罹患の乳がん   日本人女性がかかるがんの...


夜間の光曝露は、乳がんリスクを40%増加させる?メラトニンの効果とは

2007年、国際がん研究機関(IARC)による発表で「概日リズムを乱す交代制...

なんだか最近胸が大きくなった?乳腺症の症状かも!~乳房の検査~

女性の場合、成長期やそれ以外のどこかのタイミングで、「最近急に胸が大きくなっ...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る