カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 漢方薬で治療する!乳腺症のつらい痛みの症状に効く漢方の種類

女性のカラダの悩み

漢方薬で治療する!乳腺症のつらい痛みの症状に効く漢方の種類

漢方薬

乳腺症の症状は主にしこりと疼痛です。つらい痛みがあると、日常生活でどんなことをする時もそれが気になってしまい、自分の楽しみの時間も充実したものにしにくいかもしれません。ホルモン療法や鎮痛剤での治療も行われますが、漢方薬も乳腺症の症状に効果があります。

 

中医学での考え方

乳腺症は乳腺局部の症状ではなく、体全体の不調からくるものだと考えます。エネルギーの流れが悪い状態で、ストレスが溜まったことによって体質が変化してしまっており、それによって血行不良が生じて乳房部分に症状として現れると考えられます。

 

使用されるお薬

加味逍遥散(かみしょうようさん)

エネルギーの流れを整えて、めぐりを良くするお薬です。血流を良くして体を温めるもの、のぼせなどの熱を冷ますもの、痛みを緩和するもの、余分な水分の排出を促すもの、滋養作用のあるものなど様々な生薬をより良い効果を発揮できるように配合して作られています。比較的よく処方されるお薬です。

冠元顆粒(かんげんかりゅう)

「活血薬」と呼ばれる血の流れを改善するお薬です。6種類の生薬を配合したお薬で、血行促進効果が期待できます。中医学でいう「お血(おけつ)」という、ドロドロとした良くない血液がたまった状態を改善するお薬です。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

「半夏」と「厚朴」を中心とした5種類の生薬を配合したお薬です。一緒に配合された生薬には水分循環を良くして、余分な水分を体外に輩出する効果があるもの、体をあたためる効果のあるものが含まれています。気分を落ち着けて、抑うつを発散する効果もあるといわれています。

温胆湯(うんたんとう)

「胆」に効くお薬とされています。いくつかの生薬が配合されています。長引く風邪の熱などに使われることが多いようです。解熱作用、鎮静作用などがあり、痰や膿を出しやすくしてくれます。炎症を覚ます効果、滋養強壮作用、痛みを発散させる作用のある生薬も含まれています。

 

半夏厚朴湯と温胆湯は、体の中の余分な水分などを体外に排出してくれる効果がありますが、そのためには血行を良くする必要があるため、加味逍遥散や冠元顆粒をまずは使用することが多いようです。

 

生薬で比較的体にやさしいお薬とはいえ、やはり「お薬」です。全く副作用がないわけではないので、自分の体調にしっかりと向き合って、医師と相談しながら服用しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/04/16-360893.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

乳腺超音波検査!良性腫瘍と解った場合、その後は?

乳がん検査や定期検査で超音波検診・マンモグラフィーなどをおこなった結果、“乳が...

乳がん転移の治療法『腋窩リンパ節郭清』による後遺症の可能性は?

乳がんは、進行するとわきの下のリンパ節から転移し(=リンパ行性転移)、全身に...


マンモグラフィーで分かる乳腺症や乳腺炎!どんな病気なの?

マンモグラフィーなどの検診で見つかることの多い乳腺症や乳腺炎について知っていま...

リンパ節転移の有無を調べる『センチネル・リンパ節生検』とは?

がん細胞がリンパ管を通って流れ込む『リンパ節転移』は、乳がんを罹患した場合発...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る