カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 費用 >
  5. 妊娠から出産までにはいくらお金がかかる?出産準備費用の相場!

妊娠・出産

妊娠から出産までにはいくらお金がかかる?出産準備費用の相場!

電卓

妊娠・出産はお金がかかるものと思っていませんか?では、実際にはどれくらいの金額がかかるのでしょうか?

 

妊婦健診

1回目、2回目など妊娠判定をする場合は、自費での受診となります。問診、尿での妊娠判定、超音波検査などの費用がかかります。約10000円程度と考えておくとよいでしょう。

 

母子健康手帳をもらうときに、妊婦健診のチケットを貰うことになるので、その後の妊婦健診14回までは無料という自治体が多いようです。自治体によって助成内容が違うので、確認が必要です。里帰り出産などで、チケットが使用できない場合は、還付請求ができるので、捨ててしまわないようにしましょう。

 

また、1ヶ月に使えるチケットの枚数が決まっていたりなど、制限があることがほとんどなので、多胎児の妊娠、高齢での妊娠など、医師から妊婦健診の頻度を多く設定されているときは、自費での支払いが必要なことがあります。

全額自己負担となると、10万円前後が平均となるようです。 

 

出産準備品

新品にこだわらず、おさがりや、お祝い品、レンタルなどで揃えることで出費を抑えることができます。リストなどを参考にして揃えるととんでもない金額になったりします。

 

全てを産前に揃えてしまうと「これは必要なかったな」というものも必ず出てくるもの。産後に「必要になったら追加する」くらいの気持ちで揃えるといいでしょう。平均して10万円以下で全て揃える方が多いようです。

 

・マタニティー用の下着・服

意外とお金がかかるのが下着です。服は使いまわせても、下着は買い揃えなければなりません。

 

・ベビー服

初産であると、ついつい多く買ってしまいがちですが、もらえるものはもらって利用することで節約することができます。特に下着などは、新生児のうちは吐き戻しなどでよく汚してしまうもの。また、おさがりのほうが吸収性が良くなっている場合もしばしばあり、赤ちゃんには着心地が良いという利点もあります。

 

・ベビー用品

ベビーベッド、ベビーバス、スイングラックなどは購入後、幅を取るので、レンタルや貰い物で間に合わせるのもひとつの手です。 

 

出産費用

入院、出産にかかる費用の平均は30~50万円といわれています。出産する施設によって大きく額が変わってきます。個人医院で、施設やサービスが充実しているところで高いところは100万円になるところもあるようです。出産育児一時金が1子あたり42万円支給されますが、直接支払制度を取っていない施設は、一時自費で負担しなければなりません。

 

利用できるものは利用して、周りの人から情報を得ながら準備を進めていきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/11/05-030172.php

著者: amママさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用に関する記事

出産費用が大幅に節約できる公的制度『出産育児一時金』とは?

1回の出産にかかる費用とは、およそ50~100万円程度と言われており、また正...

いくらかかるか知ってる??通常分娩の費用の相場まとめ

出産でもらえるお金もありますが、入院・分娩費用の相場を知っておく事も大切です...

費用の体験談

出産費用~どこから捻出すればいい?~

皆さんは出産費用をどのように工面する予定ですか? うちはたまたまですが年明けの予定なので、冬のボー...

病院によって違う、検診代。

住んでる地域によるのかもしれませんが、 健診代って病院によって全く違うんですね。 自費だから当た...

カラダノートひろば

費用の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る