カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 冬の頭痛の原因は全身の冷え、耳の冷え!?体を効果的に温めるための4つの方法~冬のかくれ脱水に気づきにくい理由~

頭痛

冬の頭痛の原因は全身の冷え、耳の冷え!?体を効果的に温めるための4つの方法~冬のかくれ脱水に気づきにくい理由~

寒い時期になると、もしくは寒い場所に行くと頭痛がひどくなる方も、少なからずいます。寒い時期、寒い日、寒い場所での頭痛には、『冷え』が関係しているケースがあります。

 

頭痛の原因は冷え!?

冷えが頭痛に関連しているときは、体全体が冷えて血流が悪くなっているケースと、脳に近い耳への寒冷刺激が脳に伝わっているケースがあります。

 

寝起きに頭痛が起きやすい方は、全身が冷えて睡眠中に血流が悪くなり、頭部がむくんでいる可能性が高いです。外に出ると頭痛がひどく、耳も痛いという方は、寒冷刺激によって頭痛が起きている可能性が高いです。

 

トラブルがある場所を温めて解決しよう

冷えて起きる頭痛の場合は、問題が起きている場所を温めることで、頭痛が解消するケースが多いです。

 

1 首元や肩をしっかりあたためて!

まず、全体の冷えが原因なら、寝る前から体を冷やさないように工夫しておきましょう。特に首元や肩をしっかり温められるように、その部分だけの毛布を買うのもおすすめです。

 

2 お風呂に入ろう

お風呂にはしっかり入り、寒冷地にお住いの方は、朝起きる30分前くらいから暖房をつけておいてもよいでしょう。

 

3 イヤーマフをつけよう

耳からの寒冷刺激によって頭痛が起きているなら、イヤーマフなどで耳を温めるようにするとよいでしょう。雪の降る日には、イヤーマフの上にさらにフードを被れば、耳の冷えはかなりの割合で防ぐことが出来ます。

 

4 マッサージ

家に帰ってきてしばらくしたら、耳の血行促進を図るためにマッサージするのもおすすめです。耳周辺を指で揉むだけでマッサージになるので5分程度、行ってみましょう。

 

冬は一年で一番寒い時期ですので、冷え対策などもかなり力を入れて行いたいところです。特に女性は冷えやすいので、カイロや手袋、マフラーなどを使いながら、上手に全身を温めましょう。 

 

冬の頭痛の原因!?冬のかくれ脱水に気づきにくい理由…水分補給は○○のときにとろう

脱水症状が起きやすい季節のナンバー1は夏ですが、次に脱水が多いと言われるのが冬です。

冬の脱水はかくれ脱水とも言われ、あまり気づかれにくいのが最大の特徴です。

冬に多いかくれ脱水と頭痛の関係について、見ていきましょう。

 

●脱水と頭痛の関係

脱水の代表的な症状でもある頭痛ですが、脱水と頭痛を結び付けているのは、頭部の血管の働きです。

脱水症状を引き起こすと血液量が少なくなるので、血管は普段通りには働けません。その影響が頭部に出ると、頭痛という形になるのです。

他にはだるさ、集中力の低下、足がつるなども、脱水の代表的な症状です。

 

●冬に脱水になりやすい理由

冬に脱水になりやすい理由はいくつかありますが、中でも大きな問題は汗をかかないことです。

夏は暑いせいもあって汗をたくさんかくので、『水分が失われているな』という実感がある方も多いです。

一方で、冬の場合は汗をかいてもすぐ乾いてしまうので、水分が失われている実感がなく、脱水が進行しやすいのです。

空気が乾燥しやすい季節であることや、エアコンを暖房代わりにすることでさらに空気が乾燥して、体内も乾燥する問題があります。

 

●食事の合間に1-2回の水分摂取

かくれ脱水は、頭痛などのひどい症状が出てくるまで気づかれにくいです。このことから、予防するのがベストと言えます。

ポイントとなるのは水分を摂取するタイミングで、食事と食事の間に1-2回は水分摂取をしましょう。

出来れば利尿作用の強いコーヒーや紅茶は避け、スポーツドリンクや常温の水を飲むのがおすすめです。

 

冬の頭痛で、だるさや全体的な集中力の低下も伴っているなら、脱水の可能性があります。

湿度は50-60%になるように調節し、水分補給に努めましょう。

 

寒さ頭痛を防ぐために、しっかり体を温めるお風呂の入り方 3つの鉄則!

寒い冬に多い冷えは、頭痛の原因ともなります。体をしっかりと温めることで、この頭痛は解消しますので、体を温めるポイントとして、より効果的なお風呂の入り方を見ていきましょう。

 

●お湯は40℃くらいが理想的

お湯の温度は、40℃くらいが理想的と言われています。お湯をかけたときに鳥肌が立つくらいだと、お湯が熱過ぎて体が熱を避けるほどなのでNGです。

熱過ぎるお湯では効果がなくなるので、だいたい40℃くらいを目安にして、調節してみてください。

 

●入浴剤はゆずや生姜配合のものを

お風呂に入るときは入浴剤を入れる方が多いと思いますが、ゆずや生姜など温浴効果のあるものが配合されている入浴剤が、お勧めです。

ゆずの皮をストッキングなどに入れて、お湯に浮かべても構いません。そこにすりおろしショウガを入れるとさらに効果的です。

温浴効果のある成分を入れれば、普通にお風呂に入るよりも、さらに体を温かい状態に保てます。

 

●頭痛対策には肩まで浸かるのが鉄則

体全体を温める方法には半身浴もありますが、頭痛対策なら肩まで浸かる方がよいです。

肩や首のあたりの筋肉がほぐされることによって、脳に行く血管に負担をかけにくくなるからです。

全身に温かい血がめぐるので、肩までしっかり浸かって10-15分程度の入浴を楽しんでみてください。首を動かしたりして、ストレッチするのも効果的です。

 

最後に、お風呂から出る前には、シャワーでぬるめのお湯か水を手足にかけるのがお勧めです。

手足の温度が低くなることによって、体が熱を放出しにくくなることからです。これは長時間かける必要はまったくなく、シャワーで2-3秒かければそれだけでOKです。

お風呂から出た後は、体を冷やさないように、室温調整に気を配ってください。

 

(photo by 写真AC) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭痛に関する記事

ウィークエンド頭痛が起きやすい人は?原因となる生活習慣や予防、対処法など

仕事のある平日は平気なのに、休日になると頭痛がする…という人はいませんか?そ...

赤ちゃんの頭痛のサインとは

赤ちゃんは言葉をしゃべることができないので親がサインに気づいてあげる必要があ...


ストレス?風邪?寝すぎが原因?頭痛になるいろいろな要因と改善法

頭痛は、ストレス性が原因でなりやすいため、配慮する必要があります。   ...

頭痛の市販薬と病院で処方される薬にはどんな違いがある?

安息香酸ナトリウムカフェイン(アンカナ)はどんな効果なある薬なの? 安息香...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る