カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 種類 >
  5. 季節性うつ >
  6. 毎年秋に憂鬱になる方は要注意!冬季うつ病の患者が出てくるのは秋からです!

メンタル

毎年秋に憂鬱になる方は要注意!冬季うつ病の患者が出てくるのは秋からです!

うつ病には、季節性の冬季うつ病というものもあります。これは秋から冬にかけて憂鬱になり、うつ病の症状が出る病気です。

過眠、過食といったように、一般的なうつ病とはちょっと違う症状もあるのが、冬季うつ病ならではの特徴です。

 

●冬季うつ病スタートは10月くらいから

日照時間がもっとも短くなるのは12月の終わりごろの冬至ですが、冬季うつ病はその前から始まっています。

大体の目安とはなりますが、10月くらいから冬季うつ病で病院を訪れる患者さんが増えてくるようです。

10月と言えば、秋の夜長は感じられても、まだまだ本格的な冬とは感じない時期ですが、冬季うつ病のことを考えるなら十分注意が必要です。

早めの対策なら、9月くらいから冬季うつ病対策に乗り出してもよいくらいです。

 

●寒冷地、女性は要注意

冬季うつ病は光との関連性が強いので、光が弱い地域ではよくある病気です。晴れの日が少ないイギリス、高緯度にある北欧では、冬季うつ病がよく見られます。

日本で言えば、東北地方や北海道は日照量が少なくなりがちなので、注意が必要な地域です。

また、冬季うつ病は女性の方がかかりやすい病気で、男女比率で言えば、女性の患者数は男性の4倍です。

一般的なうつ病でも女性の方がかかりやすいですが、男女比は男性1に対して女性が2ですので、冬季うつ病の方が女性の割合が多いです。

 

毎年秋から冬にかけては憂鬱、だんだん気分が落ち込んでくるという場合は、9月頃から積極的に太陽の光を浴びるように心がけてください。

冬至に向けて太陽は徐々に弱くなり、日照時間も短くなるので、場合によっては病院での光療法を受けるのも良いでしょう。

過眠や過食が、毎年冬に出ている場合には、一度病院を受診してください。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

季節性うつに関する記事

冬季うつ病を食事で改善!まぐろと豆腐が大活躍するヒミツ

冬季うつ病は光が主な原因となって起きる、10-3月くらいまでに見られるうつ病で...

食べ過ぎ、寝過ぎはうつ病かもしれない!?冬季うつ病とうつ病の2つの違い

うつ病とは、憂鬱で元気がなくなる症状が出る病気で、日本人の5人に1人がかかる...


秋といえば食欲の秋!だけど、食べ過ぎて憂鬱になっているあなたは、うつの可能性が…!?

日照時間が減りがちな秋から冬にかけては、冬季うつ病になる方も出てきます。 冬季...

太陽を浴びるだけでも効果あり!「冬季うつ症状」を高照度光療法で改善!※専門医コメント有

  冬になると、いつも眠いし、食事やおやつを食べ過ぎてしまう…という方は、冬に...

カラダノートひろば

季節性うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る