カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 種類 >
  5. 季節性うつ >
  6. 食べ過ぎ、寝過ぎはうつ病かもしれない!?冬季うつ病とうつ病の2つの違い

メンタル

食べ過ぎ、寝過ぎはうつ病かもしれない!?冬季うつ病とうつ病の2つの違い

うつ病とは、憂鬱で元気がなくなる症状が出る病気で、日本人の5人に1人がかかるとも言われています。

冬季うつ病は、冬季のみうつ病になる病気で、春になると自然に回復し、夏には軽く躁状態になるのも特徴です。

そんな冬季うつ病ですが、うつ病とは大きく違う点が2つありますので、チェックしてみましょう。

 

●冬季うつ病は過眠がある

一般的なうつ病の場合は、不眠の方が多いです。夜眠れなくなり、そのうち昼夜逆転してしまう方も多くいます。

一方で冬季うつ病の場合には、不眠よりも過眠の方が多いです。寝ても寝ても足りないと感じるくらい、よく眠るようになります。

人によっては1日10-12時間以上寝続ける場合もあり、過眠が仕事に及ぼす影響も多くあります。

 

●冬季うつ病は過食がある

冬季うつ病のもうひとつの特徴は、過食があるという点です。うつ病では食欲がなくなることが多いのですが、冬季うつ病だと食欲が出ます。

ただし、食べてすっきりする、満足するということはなく、食べても食べても元気が出ない、満足よりも罪悪感が強いのが、冬季うつ病の過食ならではの特徴です。

冬になると急激に体重が増えることが多い方は、冬季うつ病の可能性もあります。

 

●気分の落ち込みはほぼ一緒

冬季うつ病でもうつ病でも、気分の落ち込みという観点においては、さほど状の違いはありません。

生きていてもむなしくなる、元気がなくなる、憂鬱になる、孤独を感じるといった心理的な症状が出てきます。

 

冬季うつ病の治療では、冬に足りなくなりがちな光を当てる治療が採用されることもあります。

強い光を当てることで、安心物質であるセロトニンを増やし、冬季うつ病の各種症状の改善を図ることが可能となっています。

(Photo by:pixabay

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

季節性うつに関する記事

毎年秋に憂鬱になる方は要注意!冬季うつ病の患者が出てくるのは秋からです!

うつ病には、季節性の冬季うつ病というものもあります。これは秋から冬にかけて憂鬱...

冬季うつ病を食事で改善!まぐろと豆腐が大活躍するヒミツ

冬季うつ病は光が主な原因となって起きる、10-3月くらいまでに見られるうつ病で...


冬季うつ病~特徴と診断と原因対策~

  冬季うつ病はどのような特徴があり、どんな症状があれば診断されるのでしょ...

日中が何だか眠たい…秋に○○な過眠症状がでたら「季節性うつ」の症状かもしれません

睡眠障害というと、「眠れない」というイメージがあるかもしれません。 ですが秋は...

カラダノートひろば

季節性うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る