カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 種類 >
  5. 季節性うつ >
  6. 冬季うつ病の治療に必要な『光』…ですがスマホやPCの光は含まれません!

メンタル

冬季うつ病の治療に必要な『光』…ですがスマホやPCの光は含まれません!

冬季うつは光不足によって起きることがわかっており、光が不足すると脳内の安心を司るセロトニンが減ります。

それによって、心が不安定になり、冬季うつの各種症状が出ると考えられます。

 

●光を浴びるのは有効!でもブルーライトはNG

冬季うつ病の治療には光療法があり、光を浴びるのは冬季うつ病の患者さんにとっては適切な治療法と言えます。

ですが、その一方で注意したいのは、どんな光でもよいというわけではないことです。

例えば、パソコンやスマートフォンから出ている光である、ブルーライトは、冬季うつの際にもよくないとされています。

 

●ブルーライトはメラトニン分泌を邪魔する

冬季うつとかかわる重要な物質がセロトニンで、セロトニンが正しく分泌されていると、眠気を司っているメラトニンも正しく分泌されるようになります。

ブルーライトが問題なのは、メラトニンの分泌を邪魔することで、眠気が来にくくなることです。

冬季うつ病の方はよく眠りますが、夜にメラトニンの分泌が抑えられた状態だと、眠る時間も起きる時間もどんどん遅くなります。

結果的に社会生活に影響を及ぼすので、光がよいとは言っても、メラトニン分泌を邪魔するパソコンやスマートフォンはNGなのです。

 

●日の光を浴びられればベスト

冬季うつ病の治療のために病院で光療法を受ける、光治療器を購入するという方法もありますが、これらの方法はなかなか大変とも言われます。

光治療器は本格的なものだと数万円しますし、毎日病院で過ごすのはもっと大変です。

そこで、一番手軽にできるのは早起きして日の光を浴びることです。毎朝日の光を浴びることで、1日のリズムがしっかり作られます。

冬季うつの初期や冬季うつの予防には、この方法が役に立ちます。

 

本格的に冬季うつ病になってきたら、薬物・光療法や食事・運動療法といった側面からの改善がふさわしいです。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

季節性うつに関する記事

寝すぎてしまう!冬季うつの症状には過眠症状がある!

冬になるとうつ病の症状が出る、冬季うつ病に悩まされる方も多いです。 冬季うつ病...

日照不足と運動不足が原因?うつ病になりやすい季節「冬」

    ■うつ病には風邪のように冬の季節になり安い疾患でもあります。 ...


秋に入って気分が落ち込んでいませんか?こんな○○な症状は季節性うつの兆候かも!?

秋はどんな季節でしょうか。気候としては日本の中では、比較的過ごしやすい、穏やか...

日照時間に関係が!? 冬季うつの原因

     最近出来たばかりの病名が「冬季うつ病」です。 冬の期間だけうつ病...

カラダノートひろば

季節性うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る