カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 助成金・給付金 >
  5. 50%から67%に!育児休業中の給付金の支給率が引き上げられる!

妊娠・出産

50%から67%に!育児休業中の給付金の支給率が引き上げられる!

 

ニュースなどでご存知かもしれませんが、育児休業中の給付金の支給率が引き上げられます。今回は厚生労働省のホームページを参考に具体的にどのように引き上げられるかについて紹介します。

 

給付率はどうなるの?


育児休暇は母親の産休期間(8週間)と異なり、父親・母親ともに取得できる休暇です。育児休暇中の給付金は休業開始前の賃金から算出されます。以前の給付金の算出方法は休業開始前の賃金の50%でしたが、今回の改正で育児休暇開始後180日までは休業開始前の賃金の67%が給付金として支払われることとなりました。育児休暇を180日以上とる場合は180日をすぎた後は休業開始前の賃金の50%が給付金として支払われます。ちなみに母親の産休期間(8週間)は育児休暇に含まれないため、母親が育児休暇を産休に続けて取得する場合、産休終了から育児休暇が開始されたとみなされます。

 

いつから支給率が引き上げられるの?


育児休業給付金の支給率が引き上げられるのは平成26年4月1日以降に開始する育児休業からとなります。例えば平成26年3月20日に育児休暇を取得しても支給額が給料の67%となることはありません。これまでどおり育児休業開始前の賃金の 50%が支給されます。

 

 

このように育児休暇の取得中の給付金が変わりました。育児休暇をとる場合、どうしても金銭的な問題が出てくるといった方もいると思います。どのくらい支給金が入るのかを考える際の参考にしてください。

 

 

(Photo by:足成

著者: いおさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

助成金・給付金に関する記事

退職日に出勤してはいけない?!『退職後の出産手当金』がもらえる条件とは?

産休中に仕事を休んでいて給与が出ない期間、生活を支える給付金として支給される...

妊娠中に確認!妊娠・出産で『もらえるお金』!制度と手続きまとめてチェック!

妊娠・出産、そして育児には意外とお金がかかります。赤ちゃんができて嬉しいけれ...

助成金・給付金の体験談

妊娠・出産での途中退職は確定申告必須です![スムーズに進めるには]

産休・育休制度がない職場で働いていると、妊娠が発覚して辞めざるを得ないケースが多いと思います。 ...

出産費用は思ったよりも安かった

予定日超過、陣痛促進剤、無痛分娩、吸引分娩でしたが、思ったよりも安かったです。出産費用について妊娠の...

カラダノートひろば

助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る