カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 生鮮食品 >
  5. 野菜によって保存方法は全然違う!葉物野菜と実を食べる野菜の保存方法

健康診断・健康管理

野菜によって保存方法は全然違う!葉物野菜と実を食べる野菜の保存方法

  

野菜は種類ごとに保存方法が変わります。基本は冷蔵保存なのですが、たまに冷蔵保存するともちが悪くなる場合もあります。今回は農林水産省のホームページを参考に各野菜の保存方法について紹介します。

 

葉物野菜


葉物野菜にはキャベツ、白菜などの葉自体がまいているものとほうれんそう、小松菜、春菊などのようにそのままのものがあります。白菜などの葉自体がまいているものは野菜ごとに保存方法が異なります。キャベツは芯をくり抜き、くり抜いた部分に湿らせたキッチンペーパーをあて、ラップで包む・ビニール袋に入れ冷蔵庫で保存してください。小松菜、春菊など葉がそのままもものは湿らせた紙などで包み、冷蔵庫で保存してください。

 

実を食べる野菜


実を食べる野菜としてはトマト、なす、ピーマン、かぼちゃ、きゅうりなどがあげられます。トマトはビニール袋に入れるまたはラップで包み冷蔵庫に入れてください。なすは乾燥に弱い野菜です。ラップで包む・ビニール袋に入れる等で水分が逃げるのを防ぎ、冷蔵庫に入れてください。ピーマンは水分を拭き取り、ビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存してください。かぼちゃは切られたものの場合は種とワタを取り、ラップで包んで冷蔵庫で保存してください。丸ごとの場合は日陰の風通しのよい涼しい場所で保存できます。きゅうりは水気をふきとり、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存してください。きゅうりは野菜類の中でも水分が多く、冷えすぎると凍るため、冷蔵庫の置く場所に気をつけてください。
オクラは乾燥に弱いため、水分が逃げないようにビニール袋に入れて冷蔵庫で保存してください。冷やしすぎると変色する場合があるため冷蔵庫での置く位置に気をつけてください。 ただし、オクラは傷みやすくあまり日持ちしない野菜のため、早めに使ってください。

 

 

このように野菜でも保存方法が異なります。基本は冷蔵庫で保存するため、野菜類を買う際は冷蔵庫の余裕を確かめてから買ってください。

 

 

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

生鮮食品に関する記事

輸入の生鮮食品は危険じゃない!?厚労省の輸入食品の安全監視体制を知ろう!

  生鮮食品にしても加工食品にしても輸入食品は少なくありません。中には輸入食品...

出来るだけ早めに食べた方がよい?果物ごとの保存方法についてその1

   果物はそれぞれ保存方法が異なります。今回はよく食べる果物ごとの保存方法に続...


出来るだけ早めに食べた方がよい?果物ごとの保存方法についてその2

   果物はものによってかなり保存方法が異なります。今回は農林水産省のホームペー...

実はそれも回収対象商品かも!生鮮食品の自主回収を消費者が知るための方法

  日々食べる食品の安全性や基準に則っているかどうかは基本的には信頼していると...

カラダノートひろば

生鮮食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る