カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食材 >
  5. パセリには生活習慣病を防ぐ&改善する効果が!フラボノイド系色素「クロロフィル」について

健康診断・健康管理

パセリには生活習慣病を防ぐ&改善する効果が!フラボノイド系色素「クロロフィル」について

  

パセリは小さいながらビタミンやミネラル、フラボノイド系色素などを多く含んだ植物です。その中でも注目されているのは生活習慣病の予防や改善に役立つといわれているフラボノイド系色素の1種、クロロフィルが含まれています。今回はパセリに含まれているフラボノイド系色素、クロロフィルの効果について紹介します。

 

フラボノイド系色素とは?

フラボノイド系色素とはポリフェノールの1種でもあり、色素の1種でもあります。フラボノイド系色素は化学構造や色の違いでさらに細かく分類されます。細かく分類されたものの具体例としてアントシアニンやルチンなどがあります。大豆で言われているイソフラボンもフラボノイド系色素に含まれます。フラボノイド系色素の効果としては強い抗酸化作用などがあげられます。

 

パセリに含まれているフラボノイド系色素、クロロフィル

パセリにはフラボノイド系色素のクロロフィルが多く含まれています。クロロフィルには生活習慣病の予防・改善効果があるとされています。生活習慣病とは動脈硬化、高血圧、脳梗塞、糖尿病などの病気を指します。この生活習慣病の主な原因は活性酸素による血管やコレステロール、細胞の酸化によって起こる老化です。例えば血液中のコレステロールを酸化させると血管に脂質が張り付いたり、血栓を作ったりします。しかし、クロロフィルは強い抗酸化作用をもつため、活性酸素の発生を抑制し、血管やコレステロール、細胞の酸化を防いでくれます。

 

また、クロロフィル以外にもパセリには生活習慣病を防ぐまたは改善する成分が含まれています。具体例を挙げるとカリウムやビタミンCなどがあり、効果はカリウムは血液中のナトリウムを排出し、血圧を正常に保つ効果を持つ・ビタミンCはクロロフィルのように抗酸化作用を持ち、血管やコレステロール、細胞の酸化を防いでくれると言われています。

  

このようにパセリには現代人の病気である生活習慣病の改善に効果的な野菜であることが考えられます。積極的に食べてみてはいかがでしょうか?

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食材に関する記事

ゴーヤにスズキにトマトにオクラ・・・夏バテに効く食べ物いろいろ

ゴーヤは夏の食べ物、ちょっと苦いけど、栄養価の高い食べ物ということは知られて...

がんの予防にも期待されているシークワーサー、健康効果のカギは皮にある!?

  普段シークワーサーを食べるでしょうか。料理に使ったりすることもあると思いま...


熱をとる食材と冷えをとる食材を使って体の不調を取り除こう!

ロイシンとは、必須アミノ酸の一種で以前から筋肉の維持や増加に最も必要なアミノ...

カラダノートひろば

食材の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る