カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 生鮮食品 >
  5. 出来るだけ早めに食べた方がよい?果物ごとの保存方法についてその1

健康診断・健康管理

出来るだけ早めに食べた方がよい?果物ごとの保存方法についてその1

  

果物はそれぞれ保存方法が異なります。今回はよく食べる果物ごとの保存方法に続いて各果物の保存方法を農林水産省のホームページを参考にして紹介します。

 

ぶどう


ビニール袋などに入れて冷蔵庫で保存します。比較的味が落ちやすいため、早めに食べてください。

 

かき


ビニール袋などに入れて冷蔵庫で保存します。ぶどうと同じく比較的味が落ちやすいため、早めに食べてください。

 

さくらんぼ


ラップで包みビニール袋などに入れて冷蔵庫で保存します。鮮度が落ちやすくあまりもたないため、買ったら早めに食べてください。

 

ブルーベリー


ラップで包んで冷蔵庫で保存してください。さくらんぼと同じく、鮮度が落ちやすくあまりもたないため、買ったら早めに食べてください。

 

バナナ


冷蔵庫に入れると黒く変色するため、常温で保存します。ものに当たった部分から傷むのでバナナハンガーなどを利用すると床とぶつかるのを防ぎ、長持ちさせることができます。また、バナナはエチレンを発生させるため、買ったままビニールに密封すると熟成が早まります。長期間保存する場合は1本ずつ分けて袋に入れて口を閉じ、涼しい場所においてください。

 

キウイフルーツ


完熟したものは冷蔵庫で保存してください。未熟なものは常温に置き、追熟させてください。

 

びわ


風通しがよく涼しい場所で保存します。強く押すとその部分から傷むので強く押さないでください。収穫しているビワは熟しているものが多く、長期間の保存はできないため、早めに食べてください。

 


いかがでしたでしょうか?果物類は完熟していると長持ちしません。未熟で追熟が必要な場合以外は早目に食べてください。

 

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

生鮮食品に関する記事

ヒラメ・マグロに要注意!?生鮮食品で身体に症状が…有症事例と主な原因について

食品はすべてがすべて安全なものばかりとは限りません。調理過程に問題がなくても、...

冷え性にも、疲れ目にも、病気予防にも!スーパーフルーツの王様「マキベリー」の実力

健康や美容のために、アサイーやブルーベリーを摂っている人は多いでしょう。 ...


豆類やとうもろこし、イモ類など…主食以外の穀類はどうやって保存するの?

   穀類とは日本人にとってはピンとこないかもしれませんが、コムギ、コメ、トウモ...

機能性野菜「ブロッコリースプラウト」…きちんと効果を得るためには「正しく食べる」こと!

カイワレの小さいバージョンのような、ブロッコリースプラウトを食べたことはあり...

カラダノートひろば

生鮮食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る