カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 虫刺された >
  5. >
  6. 蚊によく吸われてしまう、蚊の好みのタイプとは?虫除けスプレー以外で蚊を避ける方法

育児・子供の病気

蚊によく吸われてしまう、蚊の好みのタイプとは?虫除けスプレー以外で蚊を避ける方法

夏になると、私たちの体から血を抜き取ってしまう蚊!「なんでこんなに刺されるの?!」と刺された後にモヤモヤしても意味が有りません。

まずは、蚊について徹底的に知ることから始め、最終的には蚊を寄せ付けない“身を守る術”を習得しましょう!

 

◆蚊はなぜ血を吸うの?

血を吸う蚊は、メスの蚊だけだと決まっています。目的は、産卵のために必要な栄養をとるためです。よって、産卵をしないオスの蚊は血を吸うことはありません。

私たちが普段見る“蚊”は、オスなのかメスなのか、すぐには見分けがつきませんが、オスの蚊は触覚がフサフサしており、メスの蚊は触覚が棒状になっています。

メスの蚊は、ハリを皮膚に刺して唾液を出します。この唾液が私たちの体内に入るとアレルギー反応を起こし、痒みを感じるようになります。

 

◆蚊が好む人とは?

蚊の好みが以下のような人です。

・ 太っているひと

・ 汗をかいている人

・ 体温が高い人(赤ちゃんや子どもは狙われ易い)

・ お酒好きな人

・ 血液型がO型な人(好まれ易い傾向にある)

・ ビールをよく飲む人(ビールの二酸化炭素の影響)

・ 黒い衣類を着ている人

・ 体臭や汗の臭いがする人

 

◆蚊は視力よりも嗅覚!

よく「黒い服を着ていると蚊がくる」という話を聞きます。確かに、蚊の目には、白と黒のモノクロのような映像が映し出されているので、視力だけ便りにすれば、黒い物に引きつけられていくようです。

しかし、蚊は、視力よりも嗅覚や温度を見分けます。汗の臭い・二酸化炭素の臭い・口から出る息の温度・体温……蚊にとってはサーモグラフィーのように映し出されているようで、体温が高い・湿度が高い場所へと飛んでいきます。

ここで有効なのは、やはり、市販で販売されている煙やスプレーなどで退治をする虫除けです。

 

市販で販売されている虫除けは非常に高い効果をもつため、それだけでももちろん満足です。

虫除けスプレー以外で蚊を避けるとすると、

・着る衣類の色を白いものに

・汗をこまめに拭く

・体が熱を溜め込まないような衣類を着る

・水辺には近寄らない

・湿度が高い場所は避ける

 …などが対処・予防になるでしょう。

絶対に刺されたくない!という場合には、こまめに体全身に虫除けを塗ることですが、顔や皮膚の薄い部分は塗れませんし、塗り残しも出来てしまうので要注意です。

  

(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

蚊に関する記事

酢や歯磨き粉を塗る?!蚊に刺された際に素早くかゆみを抑える方法

   蚊にさされると蚊の唾液によってかゆみが起こります。日本の蚊には、病気を持っ...

侮るな!蚊に刺された後、悪化しないための対処法とは?

夏になると1日中私たちを襲ってくる蚊!「蚊に刺されたくらい何て事無い」と侮って...

蚊の体験談

虫刺されのあと

長女は身体が弱いということではないのですが、肌は冬は乾燥、夏はあせもで荒れてしまって、アトピーの疑い...

カラダノートひろば

蚊の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る