カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. クラゲよけローションって、本当に効果があるの?クラゲに刺されないための予防法とは?

育児

クラゲよけローションって、本当に効果があるの?クラゲに刺されないための予防法とは?

夏、海水浴に行くと、見たくもない生物が海面にプカプカ…、クラゲが大発生!せっかくの楽しい海水浴も、クラゲが居ては、何だか遊ぶ気にもなれません。

 

そこでよく海のお店などで販売されている【クラゲよけローション】ですが、これは実際に効果があるのでしょうか?クラゲよけローションについてご紹介します。

 

◆本当にクラゲに刺されないの?

本当にクラゲに刺されないかどうか、実際に実験をしてみた方が沢山おり、その方々の意見や口コミを比較してみると、刺されないと言う方もいれば、刺されたと言う方もいます。これでは効果がハッキリと解りません。

 

しかし、1つ言えることは、刺されなかったという人の意見として、「ケチらずガッツリ塗った」や「塗ってから乾燥させた」「クラゲがさほどいなかった」…などの意見が挙げられています。

 

刺されたという方に関しては、塗り残しや、時間を置く暇がなかった、クラゲが大量発生などの意見が寄せられていました。一概に「刺されない!」とも言い切れませんが、しっかりと用量などを守れば、回避できる可能性が高いです。 

◆日本に生息するクラゲには効かない?!

よくローション・クリームのパッケージ注意書きの部分に、対応できるクラゲの種類・対応できないクラゲの種類など、効くか効かないかの説明書きがされています。

 

そこに「アンドンクラゲ」と記載されているかどうか確認しましょう。と、言うのも、日本に多く生息するクラゲはアンドンクラゲだと言われています。

 

どんなにローションなどを塗って対策をとっても、最初から効果が期待できない!といわれているクラゲに出くわせば意味がありません。

 

◆より高い効果を発揮させるためには??

より確実に・より高い効果を発揮させるためには、まず、海水浴を始める20〜30分前にローションを塗ることが重要です。海に入る直前や慌てて塗ってしまうでは、塗ったローションが乾かないので、意味がありません。

 

また、“ただ塗れば良い”と言う訳でもなく、塗る量も少なくては効果が期待できません。勿体ないような気もしますが、ケチケチ使わず、しっかりと程よく(少し多めに)塗る様にし、絶対に塗り残しがないようにしましょう。

 

クラゲよけローション・クリームには、子どもでも使えるような記載がされている物もありますが、万が一刺されてしまったら…という事を考えると、クラゲがいる時期・海にお子さんを泳がせることは避けた方が良いように感じます。

 

ローション・クリームの効果も100%絶対的なものだとは言えませんし、お子さんの場合何かあった時には重症化してしまったり、本人からの訴えがない限り親が気づかない…という最悪なケースになってしまうことも考えられます。

 

いくら販売されていたからと言っても、やはり一番は、クラゲがいない時期・海を調べ、海水浴をおこなうことでしょう。  

(Photo by:http://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

ペットにも注意が必要!傷が赤くなる・腫れたら…猫ひっかき病かも?

日本では狂犬病予防が徹底されているので、犬などの動物に噛まれたからと言って狂...

子供の肘内障は自分で直すことも可能?!

    子どもの骨は大人よりも柔らかく、脱臼するほどの力がかかった時でも脱臼せず...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る