カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. 子どもが可愛いと思えない…ハマってしまった育児ノイローゼを脱出するための3つの方法

育児・子供の病気

子どもが可愛いと思えない…ハマってしまった育児ノイローゼを脱出するための3つの方法

周りには言えないけれど…本音を言うと、「自分の子どもが可愛いと思えない」「産んだ事を後悔している」そんな意見を耳にすることもあります。ほとんどの親が「我が子は可愛い・目に入れても痛くない!」と言えるのに対し、どんなに望んで出来た子でも、数日の陣痛を乗り越え出産したお子さんでも…誰にも言えないけれど、正直子どもが苦手・産んでも気持ちに変化が無かった…というママ・パパは、少なからず存在します。そんな親にとって、今後の育児を、ノイローゼにならないために…どんな脱出法があるのか考えてみましょう。

 

 

◆あえて思いっきり楽しむ!

妊娠・出産をした以上、自分のお子さんである事には代わり有りません。そのお子さんにとっても、ママパパはたった一人なのです。「こんなはずではなかった…」と、理想・現実のギャップに苦しむ嫌は沢山います。さらには「産んで後悔」と口にしてしまう方も…。人それぞれなので、子どもを目の前にして、感じる思いなど、皆、違うものです。

 

そんな時には、後戻りは出来ないのだからと受け入れ、思いっきり育児を楽しんでみる思考に変えていく努力をしてみてはいかがでしょうか。子どもを“子ども”として見るのではなく、私たち大人と同等に…相手も心をもつ1人の人間です。育児や家事をあえて楽しんでみるというスタンスに変換できるように意識を向けてみましょう。

 

◆捌け口をつくるべき!!

「我が子が可愛いとは思わない」と、なかなか人に言えませんよね。実の家族であっても、親しい友人であっても…その気持ちを打ち明けるだけで、偏見の目で見られるのでは?という思いや、「なら、なぜ産んだの?」と問われる恐怖から、打ち明けられないで悶々と考えてしまう…というママパパは実は少なく有りません。

 

そんな時には、相談する相手を選んでみましょう。最近では虐待を思いとどまるための電話サービスなどをおこなっている団体もいますし、子育て中の悩みを聞いてくれるアドバイザーさんや、保健師さんなどもそれぞれの地域に存在します。周りの目を気にしてばかりではなく、素直にぶつかれる相手を探してみましょう。

 

◆肌の触れ合いを途絶えさせないこと…。

心は揺らいで不安定であっても、肌を離すことはしないでください。何度も言いますが、お子さんにとっては、どんな親であっても、たった一人のママ・パパ。心は親の愛情で満たされれば、それだけ愛情いっぱいの子に育ちます。

 

「愛情が湧かない」と言う親であっても、抱きしめてあげる・手をつないであげる・肌を触れ合わせる…という事だけは絶対に止めないでください。これはお子さんにとってもですが、ママパパにとっても、非常に大きな事です。人と人の体温・心臓の鼓動、それらを感じるだけで安心でき、愛情を伝えることも出来ます。悩んでいても、子育てに向いていなくても、肌だけは離さないようにしましょう。

 

 

「自分の子どもが可愛くない!なんて言う親なんているの??」と、多くの親は、そう感じるでしょう。我が子は可愛い…そう思うことが自然な事だと感じるからです。しかし、国民皆がそうかと言えば、そうではありません。産んだ事に後悔する親も少なからず存在します。そしてそれが原因で虐待をしてしまう親も、その虐待によって命を落としてしまうお子さんも…現実問題、ゼロとは言い切れません。

 

子どもが可愛くないと思ってしまう事は、その方にとっては、それが自然なことだったという思考で考え、歩み寄るにはどうすれば良いのか?を真剣に考え、誰かに相談する勇気が必要です。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

姑との付き合いや今後の生活、不安だらけ…未知なる"二世帯生活"のための3つの心構え

今の日本は、昔ほどではありませんが、今でもまだ「長男が跡取り」だという家族での...

育児ノイローゼにならないためには周囲のフォローが大切!育児ノイローゼの原因と症状

女性は、妊娠中もホルモンに変化が現れ精神的にも影響を与えますが、出産後は妊娠...

ストレスの体験談

ベビーと一緒にお出かけしたい!ママの息抜き編

生まれたからずっと赤ちゃんと二人きりの時間が多い私たち。 お友達とお出かけもできない、ゆっくり息抜...

育児のストレスとどう付き合う?

皆さんは楽しく育児できてますか? 私は初めての育児で、こんなはずじゃなかった…と思い描いていた...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る