カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 産後の育児ノイローゼから解放されるために必要な3つの方法

育児

産後の育児ノイローゼから解放されるために必要な3つの方法

「育児ノイローゼ」という言葉を聞いたことはありますか?

育児の経験がある人なら、思い当たる節があるかもしれません。

 

育児ノイローゼになりやすいのはどんな人でしょうか?

ここでは、育児ノイローゼの症状・なりやすい人・最低限できる対処法をまとめました。

 

育児ノイローゼとは

産後のメンタル不調にはいろいろあります。産後すぐに始まり二週間ほどでおさまるマタニティーブルーや、産後すぐではなく産後1ヶ月以内に始まるのが産後うつや神経症用症状、幻覚や妄想が見えてくる非定型精神病用症状です。

 

厳密にそれらを区別し診断名をつけるのは難しいことですが、それら精神症状の治りが良くない方は、ズルズルと育児ノイローゼになりやすいようです。

 

育児に関しての自信のなさ、子供の成長に対する不安、漠然としたストレス、正しい育て方の模索で疲れる、など、あれこれ神経質になってしまい、育児が楽しめなくなることを育児ノイローゼといいます。

 

育児ノイローゼの大きな原因は自身のストレスだけでなく、妊娠出産の劇的なホルモン変化、家庭環境なども大きな要因なのです。

 

育児ノイローゼの症状

ここでいう育児ノイローゼは、単に「育児でストレスがたまっている状態」ではなく、神経症という病的な症状を指します。

 

具体的には次のとおりです。

 

  • ・無表情で感情の起伏がない、反応が鈍い
  • ・活力が感じられず、目つきがうつろ
  • ・思考停止、思考能力の低下(『何も考えられない』状態)
  • ・不眠や睡眠障害
  • ・過食や食欲不振など摂食異常
  • ・家の中に閉じこもる
  • ・子供に愛情が持てず、いらつく
  • ・自分がこの子の親であることが申し訳なくなる
  • ・子供を叩きたくなってしまう
  • ・子供と一緒に死ぬことを考えてしまう
  • ・毎日お風呂や布団の中で泣いてしまう
  • ・朝が来なければ、と思ってしまう

 

このような状態や考え方を毎日持つようになったら黄色信号です。我慢だけでは具体的なことは改善しませんので環境や、周りの協力、自分自身の息抜きなど、実際に生活を変えていく必要があります。

 

育児ノイローゼになりやすい人って?

7人から10人に1人は、産後のメンタル不調を経験すると言われています。

 

妊娠・出産・授乳のために女性のホルモンバランスは激しく変動し、育児のストレスが無くても気分が落ち込みやすい状態です。

 

さらに、出産や育児で体力を消耗し、身体的な負担が大きくなっています。

 

産後は誰もが育児ノイローゼに陥る可能性があるのですが、加えて、次のような性格の人は育児ノイローゼに注意が必要です。

 

  • ・完璧主義、理想主義
  • ・神経質で潔癖症
  • ・物事に対するこだわりが強く、気分転換が苦手
  • ・ほかの人とつい比べてしまいやすい
  • ・妊娠する以前から、うつ気味
  • ・まじめすぎる

 

育児はしなくてはならないことが次から次に押し寄せ、予定を立てても思い通りに運ぶとは限りません。

 

「授乳は3時間おきにしなくてはいけない」「ほこりが出ないよう、必ず雑巾がけをしないといけない」のように、「すべきこと」にとらわれると、心身の大きな負担になり、育児ノイローゼにつながります。

 

「ママ友達はいつもきちんと離乳食を作っている」「あの赤ちゃんはウチの子よりもずっと発育がいい」など、ほかの人と比べずにはいられない性格も育児ノイローゼの人にありがちです。

 

育児ノイローゼになりやすい環境

ご自身の性格だけではなく、なりやすい環境的な要因もあります。

 

  • ・初産
  • ・シングルマザー
  • ・ご実家の両親に協力してもらえない
  • ・夫が育児に参加しない、できない
  • ・周りに同年代の子をもつ友人がおらず悩みの共感者がいない
  • ・終日子供と二人きりになってしまう

 

こんなことぐらいでノイローゼになるなんて甘えだ、と思う方もいるかもしれませんが、なれないことを始めた新米ママさんには大変重要なことです。

 

自分なら大丈夫!と、自身のメンタルを過信しすぎないよう注意しましょう。

 

過去の体験が育児ノイローゼを引き起こす

育児を通して過去の経験やトラウマを思い出してしまうことで、育児ノイローゼが引き起こされることがあります。

 

  • ・自身の幼少期の虐待
  • ・自身の幼少期の苦労
  • ・両親の愛情をあまり感じられなかった
  • ・両親が不仲だった
  • ・両親ではない人に育てられた

 

これらの経験が足かせとなり、自身も同じことを子供にしてしまうのではないか、子供は幸せになれるのだろうか、と不安になり、ノイローゼとなることもあります。

 

育児ノイローゼになるとこんなことが

少しだけ神経質になってしまうことはどのお母さんにもあることですが、過剰な行動や思考へと知らず知らずのうちに変化し、子供や家族に影響を与えてしまうことがあります。ここでは子供や家族の出す危険なサインをお伝えします。

 

<子供への影響>

  • ・子供が顔色をうかがうようになった
  • ・子供が黙りこくるようになった
  • ・子供が風邪や怪我を黙っているようになった
  • ・子供がわがままを何も言わなくなった
  • ・子供と目が合わなくなった
  • ・子供がいつでもひとり遊びをするようになった
  • ・子供に手を挙げるようになった
  • ・子供が身構えるようになった

 

お子さんがこのように変わってきたら注意しましょう。

 

お子さんは言葉にできるほど表現力はありませんが、とても敏感にお母さんの変化を感じています。

 

お母さんの辛さを感じて、自分がわがままを言わないようにしよう、と思うようになり、怪我や風邪すらも報告しなくなります。

 

甘えが全くなくなるのは大きくなっただけではなく、絆の薄れでもあります。

甘えられる環境、話を否定せずに聞いてあげる環境が育児には必要です。

 

これらの症状は、お母さんの症状とともになくなることもありますので、まずはご自身の心身のケアを優先しましょう。

 

<家族への影響>

  • ・旦那さんや家族が、子供にママは病気だ、と伝えてしまう
  • ・旦那さんが自分と距離を置くようになる
  • ・義母などに怠け病と言われる
  • ・離婚を考えるようになる

 

心の辛さと身体の辛さの両方を理解することは当事者でないと難しいものです。周りの家族もどうしていいのか分からずに、腫れ物に触るように接したり、または距離を置くようになったりします。

 

また、正しくノイローゼの身体を理解していないにもかかわらず、子供に対していろいろな大人がママの病態や悪口を話すこともあります。

 

このような事態を避けるためにも早めに手を打ちましょう。

 

育児ノイローゼの解決法~最低限必要な3つ

育児ノイローゼは、近年増えつつあります。

 

人に相談できない・相談しても解決法が解らない… そんな思いから相談すらしなくなって、孤独を感じ、育児に支障がでてしまうというケースもあります。

 

育児ノイローゼになってしまう原因は様々で、きっかけも一概には言えず、解決策や効果的な方法も人によって異なります。

 

ですがここでは、育児ノイローゼから脱出するために最低限必要な3つをご紹介します。

 

体が健康であること

育児ノイローゼは、精神的な思いから肉体に影響が出てしまうこともあれば、肉体的な原因が精神的に追いつめてしまうということもあります。

 

どちらにせよ、体が不健康であれば思うような育児ができなかったり、子どもへの対応も雑・疎かになってしまいます。

 

疲れてしまえば睡眠時間が欲しくなり、お子さんがいれば睡眠時間の確保は難しいです。体の不調が続けば食欲も低下し、そのうち免疫力も活動力もすべて落ちてしまいます。

 

育児ノイローゼを脱出するためには、まず体が資本。体を健康に保つことが大切です。

 

対策として信頼の置けるベビーシッター、家事代行サービスを見つける、行政のファミリーサポートセンターに、短時間の預かりサービスをしてもらえるか相談するなどがあります。

 

本当に身体の調子が悪い場合は里親制度、乳児院というものも存在します。

これらは病気等の理由で一時的にお子さんを預かるサービスで、最終的にはちゃんとお母さんのもとへお子さんは戻ります。その点も安心できますね。

 

心が健康であること

大切なことは、体の健康だけではありません。心が健康・穏やかで余裕のある状態でないと、ストレスや苛立から肉体にまで影響を及ぼしてしまいます。

 

心の健康は、体の全てとリンクしています。精神的に沈んでいると、体内で出来る免疫の力も新しい細胞も、全てサイクルが崩れてしまいボロボロになります。

 

そんな状態が体に症状として表れれば、口内炎や様々な病気・大きな病気にまで発展してしまうことも。それだけ心とはとても大きな鍵を握っている部分なのです。

 

心のケアが非常に大切です。体の健康も大事ですが、体の健康よりも、実は心の健康の方が重点を置かなければならないかもしれません。

 

実際に精神内科、心療内科の先生に相談する、カウンセリングルームを利用することも可能です。

 

精神内科、心療内科と聞くとなんだか怖いイメージを持たれる方もいますが、近年のストレス社会の影響から普通のサラリーマンや女子高生なども通っています。

 

病院内も美容院やネイルサロンのように綺麗で落ち着ける作りになっていますので、最後の手段ではなく、早めに足を運んでみることがおすすめです。

 

カウンセリングルームはNPO法人などが運営しているものや、個人で運営しているものがあります。

 

カウンセリングルームによって、臨床心理士のいるところ、民間資格のカウンセリング資格をもつ人がいるところ、特に資格を持たないところがあります。やはりこちらも予約して行くのがいいでしょう。

 

また、最近ではメールでカウンセリングを行っているところもあり、忙しい方には便利です。

 

育児ノイローゼに陥っている場合には、一人になりたい・人との接触を回避したい!と思ってしまいます。

 

ですが、その状態をなんとか早く克服し、一人育児の環境から抜け出さなければなりません。

 

一人になってしまうと考えるだけの時間がたくさんあるので、嫌なこともゆっくりじっくり考えてしまいます。

 

それだけでなく、解決するためには周りからの後押しや助言というものが必要です。

 

育児は一人ではできません。

一人育児になってしまう環境に自ら入っていくと、そこから抜け出すことが非常に難しいです。

 

まずは吐き出すこと。抱え込むのではなく、誰にでも良いので愚痴を吐くこと。そして、さまざまなアドバイスを吸収することです。

 

今の時代、育児ノイローゼは少なくありません。育児だけでなく、孫に関わる祖母・しゅうと・姑…。全てに対してノイローゼは深く関わり、影響していきます。

 

ちなみに、地域にはいろいろなサポートがあります。都道府県や区、市などによっても受けられるサービスが違いますのでウェブサイトで確認してみましょう。

 

また、習い事にはなりますが、幼児教室に行くのもいいですね。同じ年齢の幼児が集まるように曜日、時間設定がされています。

 

教室の先生はプロなので子供の気を引くのもうまく、子供も親も楽しい時間が過ごせます。

 

集中してお話を聞く時間、みんなで一緒のお遊びをする時間、ママと一緒に遊ぶ時間などがあり、子供の集中力や協調性も育ちますので一石二鳥です。新米ママも育児の先生の教え方を見てヒントになることでしょう。

 

育児ノイローゼの症状が軽いうちに対処する

軽い育児ノイローゼから始まり、「産後うつ」などより重い症状を呈する場合もあります。

 

毎日泣いてしまう、悪夢が続く、子供のほっぺを叩いてしまった、という程度の状態でも相談に行って大丈夫です。先生にあきれられないか、等の心配はいりません。

 

何も治療がなければないで、現在の育児ノイローゼ状態にあまり深刻にならなくていい証拠ですので、それだけでも安心できます。

 

産婦人科でも相談は可能ですし、もちろんメンタルの専門家に相談するのもいいですね。心療内科では、育児の悩みのみならず、必要とあればお母さんの幼少期のトラウマや家庭環境にまでさかのぼってカウンセリングをしてくれます。

 

正直に話しすぎて通報などされないか、と心配される方もいますが、正直に話すことで本人のカウンセリングのみならず、家族円満のための行政サービスなど、知恵を貸してくれます。

 

ちなみに虐待の通報は、9割方は誤報だと言われていますので、あまりビクビクする必要もありません。

 

心療内科、精神内科のホームページには、得意な分野が書いてありますので、産後うつ等の記載があるところをなるべく選びましょう。

 

薬に関しても現在は眠気の副作用の少ないものや、依存性の少ないもの、漢方薬で安全なもの、など、さまざまな選択肢の中から選び処方箋を書いてくれます。もちろん授乳中でしたら授乳の継続の有無も教えてくれます。

 

たいていの精神科、心療内科は予約制ですので、まず電話で予約をしてから行きましょう。また、産後うつ、マタニティーブルー、育児ノイローゼに関しての相談だということを事前に伝えましょう。

 

育児に疲れた、育児ノイローゼかな、と思ったら

必ず同じように悩んでいる方は、多くいらっしゃいます。必ず共感してくれる方、協力してくれる方もいます。

 

10人に1人は育児ノイローゼを経験しますので、あなただけが悩んでいるわけではありません。どうぞ安心して人に話し、対策をとりましょう。

 

(Photo by http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-12-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ママの悩みに関する記事

公園デビューをスムーズに行うための方法

公園デビューをスムーズに行うための方法◆公園デビューで友達を作りましょう公園に行...

育てやすい子と育てにくい子の違いはここにあった!

あなたの子どもは「育てやすい」ですか?それとも「育てにくい」ですか?新生児期を終...

ママの悩みの体験談

仕事と育児の両立

仕事を続けながら出産、育児を行う女性がとても増えてきましたね。 私も長男を出産したあと半年で復...

育児は大変!子供にイライラ

子供にイライラしたってしょうがない。夜泣きも後追いも今だけのことだから、楽しんで育児しよう。わかって...

カラダノートひろば

ママの悩みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る