カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. 姑との付き合いや今後の生活、不安だらけ…未知なる"二世帯生活"のための3つの心構え

育児・子供の病気

姑との付き合いや今後の生活、不安だらけ…未知なる"二世帯生活"のための3つの心構え

今の日本は、昔ほどではありませんが、今でもまだ「長男が跡取り」だという家族での取り決め・風習が根付いています。お嫁に行く立場である女性からすれば、これから始まる未知なる二世帯生活にドギマギしてしまうでしょう。「出来ることであれば二世帯は避けたい」や「この良い関係を壊したくない」など言う女性も多いですが、二世帯で住む家庭はとても多いです。義理での付き合いや今後の生活、不安も期待もいっぱいですが、二世帯生活においての心構えをいくつか紹介します。少しでも参考になればと思います。

 

 

◆「郷に入れば郷に従え」精神で!

今でこそ昔からの風習が廃れてしまっている背景もありますが、本来であれば、嫁入りした立場なので、嫁ぎ先のルールに従い、嫁ぎ先の風わしに染まっていく事がベストです。義両親の助言は素直に受け入れ、教えはしっかりと聞き、嫁として出来る限りの役割をこなす…。郷に入れば郷に従え精神で、嫁ぎ先に染まっていき、家族の一員となっていくことが良いでしょう。

 

「私は私のやりかたで」「私はこう育ってきたので」という強い信念は、必要かもしれませんが、少し引っ込めておいて…まずは、嫁ぎ先のルールを知り、そのルールの中でいかに自分らしく生きていくかを考えていく事が良いでしょう。

 

◆生活を始める段階で“取り決め”を!

一緒に生活するようになると、出かける時や、外食、友人を連れてきたり、夜に出かけてしまうこと等、様々な場面で「親に言った方が良いかな?」「子どもたちに報告がいるかな?」などお互いに気になってしまうことも。洗濯物やゴミ出し、布団を干す時間や食事の時間…いろんな事に関与してしまうようになります。

 

生活を始める段階で、「お互いに関与しすぎない」「ゴミ出し・洗濯などは雨の場合のみ取り込むけれど基本は自己責任!」など…ある程度の取り決めをしておくと、後々ストレスがたまったり、愚痴を吐いてしまうような事を回避できます。最初のうちはザックリで構いません。それでも「これだけは譲れない」と思うものを考えておきましょう。

 

◆“合わせる”努力より“歩み寄る”努力!

親世帯は、寝る時間も早く、朝起きる時間も早い!朝はのんびり夫婦で散歩をしたりコーヒーを飲んで新聞読んで…その反面、子世帯は遅くまで起きているので朝も遅い!子ども(孫)もいるから朝からバタバタ…これだけで見比べても解るように、そもそも【生活が違う】のです。親世帯も、子世帯も…。そこをどちらかに合わせると考えると、必ずお互いに窮屈な思いをしてしまいます。

 

完全に分離型な二世帯なら良いですが、同居状態の二世帯であれば、“合わせる”生活に不可能な面も出て来てしまいます。そんな時には、わざわざ“合わせる”必要はありません。しかし、“歩み寄る”努力が必要です。これは旦那様のお力をかりて、うまく義両親との関係を保ちつつ、生活も妥協しすぎず…のラインを探っていきましょう。

 

 

ここに記した3つの心構えは、あくまで“参考”にしていただきたいと思うものです。この方法が絶対に正しい!この考え方・思考が正しい!と、いうものではありません。嫁ぎ先によっては異なるケースもありますし、これほどスムーズに心構えが出来る!と言える方も多くないでしょう。

 

しかし、この心構えが二世帯をする上で、必要になり、嫁として大切にするべき心でもあります。義両親がどう受け取るか、どんな関係になっていくのかは、その時その時の会話や仕草、行動…の、積み重ねで決まって行きます。二世帯になる事を“嫌だ”と思うのではなく、“嫁として当然なこと”だという意識を頭に置いておくと、気持ちも楽になります。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

ストレスに関する記事

子どもが情緒不安定…?そんな時に意識してほしいのは食生活!

  子どもの様子が、さいきんおかしい・・・と、情緒不安定なことに気づいたお母さん...

育児ノイローゼにならないためには周囲のフォローが大切!育児ノイローゼの原因と症状

女性は、妊娠中もホルモンに変化が現れ精神的にも影響を与えますが、出産後は妊娠...

ストレスの体験談

私の産後うつ体験談。当時の日記を抜粋します。

息子が生後3ヶ月頃です。 私は産後うつ状態で毎日のように泣いていました。 実家から遠く離れた...

二児のママになり今までで最大の地獄

 二人目が生まれて三か月。今日は本当に大変でした。主人は愚痴を聞いてくれないし、誰も話を聞いてくれな...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る