カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. 専業主婦との夫婦生活…「どっちが大変だと思うの?」夫と妻の"大変さ"を比べた時の解決法

育児・子供の病気

専業主婦との夫婦生活…「どっちが大変だと思うの?」夫と妻の"大変さ"を比べた時の解決法

よく夫婦の口喧嘩の内容に「私は家事も育児も頑張っているのに夫は自由に遊んでいる」と言ってみたり、「僕は責任も重大な仕事をして、家族を養っているのに、嫁は好き勝手遊んでいる」と言ってみたり…お互いに【どっちが大変だと思うの?!】という言い合いをすることがあります。これはお子さんが産まれて、育児をするご夫婦に多い問題で、誰しもが一度は感じたことがあるのではないでしょうか?もし、こうした夫婦の“大変さ”について競い合ってしまった場合には、どのように解決をすれば良いのでしょうか。

 

 

◆心の余裕の無さ=ぶつかりあい

「自分は大変な思いをしているのに相手には自由がある」と衝突してしまうその心は、実は余裕が無い時や、何かしらの苛立の八つ当たり(矛先)になっている時・相手をうらやましく思っている時などに生まれ易い感情です。心の余裕の無さが、こうしたぶつかり合いに発展してしまうことが多いのです。

 

実際は、奥さんも大変な仕事を任されていますし、旦那様も責任重大な仕事・家庭を背負って毎日生活しているわけですから、比較の仕様がありません。そこを比較しようとする、その心、そのものが心の余裕の無さを感じさせてしまいます。

 

◆短距離走か長距離走かの違い。

小さいお子さんを育てている時の妻としては、24時間育児に明け暮れ、飲み会やお出かけなども自由に行けず、出かける先は子連れ可能な場所に制限され、朝から晩まで家事・育児…眠っていても何をしていても頭の中には子どもの存在があるので、何かと子どもへの意識が途絶えることなく存在する中での生活をしています。まさに陸上競技で言うと、長距離選手やマラソンランナーです。

 

逆に夫は、朝早く出社し、仕事をして退社するまでの時間、上司や部下に板挟み…会社では頭をさげ、重たい責任を負わされ、気を使っての生活に残業や短い休み時間でヘトヘト…唯一の心の安らぎが家!でも帰って食事をし、お風呂にはいって眠ってしまえば、翌日また慌ただしい1日が始まる。仕事がどんなに嫌でも家族のことを考えると簡単には辞められない…そんな生活を過ごす夫は陸上競技でいうと短距離選手と言えます。勤務時間は育児に比べると短いかもしれませんが、責任や労力・精神的な負担などは非常に大きなものだと言えます。

 

短距離も長距離も、それぞれに分野が違いますし、比べられないのは解るかと思います。妻と夫も同様なのです。

 

 

夫は妻の生活を羨ましいと感じ、妻は夫の生活を羨ましく感じています。子育てでも、仕事でも…どんな内容・勤務時間であっても、比べられないということを理解しておきましょう。そう、夫と妻は役割分担も違いますし、稼ぎや時間の使い方も違います。その二人を比べたって意味が有りません。だからこそ、比べ合いでの夫婦喧嘩であれば「比べる意味すらない・比べられない」と夫婦でハッキリさせ、理解し、互いに歩み寄って、褒め合い・思いやることを忘れないでください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

赤ちゃんを虐待から守るために…周囲のサポートの重要性

生まれたばかりの赤ちゃんは親のサポートなしには生きていくことのできない存在です...

睡眠不足と育児ストレスが原因で頭痛になってしまったら!

  体質なのか生活習慣なのか、ちょっとした体や心への負担によって、直ぐに頭痛が起...

ストレスの体験談

二児のママになり今までで最大の地獄

 二人目が生まれて三か月。今日は本当に大変でした。主人は愚痴を聞いてくれないし、誰も話を聞いてくれな...

ベビーと一緒にお出かけしたい!ママの息抜き編

生まれたからずっと赤ちゃんと二人きりの時間が多い私たち。 お友達とお出かけもできない、ゆっくり息抜...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る