カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 高血圧治療で効果がみられない!~単剤療法と併用療法について~

生活習慣病

高血圧治療で効果がみられない!~単剤療法と併用療法について~

 

高血圧治療はまず低用量の単剤による治療から始まり、その薬物で治療効果が不十分であれば増量や低用量の併用療法(異なる作用を持つ薬を組み合わせて行う治療法)が行われます。

さらに効果がみられなかった場合には併用療法における増量が行われます。


しかし例外として、初めての薬物治療であっても血圧が160/100mmHg以上などのように重症患者の場合は、最初から併用療法が使用されることもあります。

 


併用の組み合わせ

 

併用薬物の組み合わせは最近の大規模な臨床試験結果が反映されており、治療を行う上で優先すべき組み合わせが決められています。


Ca拮抗薬ARB

Ca拮抗薬+ACE阻害薬
Ca拮抗薬+利尿薬
Ca拮抗薬+β受容体遮断薬
ARB+ACE阻害薬
ARB+利尿薬


この6通りが治療のメインになり、治療効果が高いとされています。

こうみるとやはりCa拮抗薬ARBが高血圧治療の中心を担っていることが分かります。

 


最近では合剤といって1つの薬にARBと利尿薬の成分が含まれているといったような複数の成分が含まれている薬の開発が進んでおり、患者さんの負担を減らしています。
同じ飲むなら2つの薬より1つの薬のほうが飲みやすいですし飲み忘れも防ぐことができますからね。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/02/07-357595.php)

著者: 桜井さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

高血圧の治療薬で尿を出す薬がだされた!尿を出したら血圧が下がる!?

高血圧の治療薬で尿を出す薬がだされることがあります。どうして尿を出すと血圧が...

降圧剤と併せて!高血圧に用いる漢方

  高血圧の薬物治療では、一般的に降圧剤が使用されます。今使用されている降圧剤は...


高血圧は一つの病気ではない?高血圧の種類とその特徴とは

高血圧と聞くと、血管に対する圧力が高くなるということは多くの人が知っていること...

降圧薬の服用のコツ

  高血圧を改善するために降圧薬を服用することになるとしても、ただむやみや...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る