カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 女性に嬉しい効能をたくさん持つドライフルーツ「デーツ」とは?デトックスってそもそも何?

美容・ダイエット

女性に嬉しい効能をたくさん持つドライフルーツ「デーツ」とは?デトックスってそもそも何?

昔から人々の知恵として、干し野菜などが保存食として重宝されてきました。今ではこの方法が、女性にとっての健康食品として重宝されるようになってきました。特に今注目されているのは、干し野菜ではなく、干し果物、つまりドライフルーツです。

 

特に注目されるドライフルーツ「デーツ」

デーツというフルーツを知っているでしょうか。日本ではあまりなじみのない果物だと思います。それもそのはずで、デーツというのはナツメヤシというヤシの果実で、このナツメヤシは中東の砂漠地帯の、オアシスなどに生息している植物です。

 

このデーツというのは、過酷な環境の中で育つ植物ということもあり、非常に栄養が豊富です。そのため、女性に嬉しい効果が多いドライフルーツの中でも、特に積極的に摂りたいものです。

 

デーツの女性に嬉しい効能1 便秘解消

特筆すべきデーツの栄養のひとつが、第6の栄養素とも言われる食物繊維です。ドライフルーツとして売られているものの中でも、食物繊維の量は群を抜いていて、それによって便通が良くなることが期待されます。

 

同時に豊富に含まれるマグネシウムは、体内にある水分を腸に集めて、排便を促す働きがあります。複合的な作用によって、便秘の解消が期待されます。

 

デーツの女性に嬉しい効能2 貧血改善

女性は月経などによって血液を失いやすいですが、デーツには、ヘモグロビンを増やしてくれる効果が期待できる、鉄分が豊富に含まれています。日頃から貧血気味の方にももちろんですが、妊娠中の女性にも嬉しいですよね。

 

妊娠中の女性が毎日2~3個デーツを食べることで、生まれてくることもが丈夫に育つと言われることもあるようです。

 

デーツの女性に嬉しい効能3 ダイエット効果

便秘の改善がダイエットにつながるのはもちろんですが、同時に鉄分によって代謝が向上します。さらには、含まれるビタミンB1が食事から摂取した糖質をエネルギーに変換し、体に貯蓄されないようにしてくれますし、ビタミンB2は脂質を代謝する働きを担ってくれます。

 

デーツはナッツとの相性がよく、一緒に摂取することが勧められます。食べたときの満腹感や、味もそうですが、栄養価においてもそれぞれを補い和える組み合わせですので、アーモンドやクルミといったものと一緒に食べてみて下さい。

 

栄養がとっても豊富!ドライフルーツを食べるなら、"デーツ"を欠かさないで!デーツの栄養素

ドライフルーツの女性への効能は、ミスユニバースの栄養コンサルタントが勧める間食としても、よく知られるようになりました。そのため、実際にダイエット中の口の寂しさを紛らわせるために、ドライフルーツを食べているという人も少なくないようですし、その効果を実感している人も多いようです。

 

特に取りたいのがこのドライフルーツ

ドライフルーツといっても、フルーツの種類は色々なものがあります。馴染みのあるもので言えば、干しブドウがそうですし、イチジクやアンズ、リンゴを干したドライフルーツもあります。そもそもの果物自体に栄養が豊富にありますので、その栄養を手軽に摂取できるようになるのが、ドライフルーツなのです。

さて数あるドライフルーツの中でも、特に女性に食べてもらいたいのが「デーツ」という果物です。

 

デーツってなんだ?

デーツというのは、ナツメヤシの果実のことです。ナツメヤシは古くから栽培されている、ヤシ科の常緑樹で、色々な種類あるヤシの木の中で、砂漠のオアシスなどに生えている木です。

砂漠の過酷な条件の中で育つため、非常に生命力の高い木であるとされ、果実であるデーツは、歴史的にも色々なシーンで人々が口にしてきたものです。

実際に栄養価がとても高い果物で、実際に今でもイスラム教徒が断食の際に、日没後まず食べるのがデーツとされています。また、美の象徴としても取り上げられるクレオパトラも、好んで食べていたという逸話もあります。

 

デーツの栄養

デーツは何と言っても、含まれる食物繊維がドライフルーツの中では、イチジクと共に突出して高いです。

また、同様にマグネシウムも多く含まれ、鉄分、亜鉛、カルシウム、リン、ビタミンK、ビタミンB1,B2など、多くの栄養素が含まれています。

 

 

デーツは甘みもあり、間食としては満足感を感じやすいドライフルーツです。ただし、甘みがあるということは、食べ過ぎに注意しなければいけないということでもありますので、気をつけましょう。

 

 

デトックスってそもそも何?科学的根拠はあるの?

デトックスという言葉は今や美容雑誌や個人のブログでもよく出てくるくらい、世間に浸透した言葉と言えるでしょう。

そんなデトックスですが、本来的な意味では『解毒』を表す言葉で、依存症の治療としてデトックスを用いるケースもあります。

 

●デトックスは何を解毒するの?

アルコール依存症や薬物依存症の場合、体の中に毒があり、それを解毒しなければいけないことは簡単にわかるかと思います。

ですが美容分野で言うところのデトックスとは何を解毒するかというと、主に脂肪、老廃物、活性酸素、ストレスです。

本来的に人間には尿や便を通して不要なものを排出する働きがありますが、不必要なものを摂りすぎていれば排出が追いつかないこともあります。

そこでデトックスをすることでよりきれいな肌、脂肪や老廃物の少ない体、健康でストレスフリーな生活を目指すというのが主な目的です。

 

●デトックスの信頼性

美容の世界では常識となっているデトックスですが、医学的に見てみるとまだわからない部分が多い方法と言われています。

というのも、デトックスの方法論と医学的な事実にかみ合っていない点が見られるからです。

・老廃物は静脈に運ばれるまで12時間かかり、それを短時間で出す方法に疑問が残る

・ダイエット効果について、老廃物なのか水分が減ったのか定かではない

・デトックスによるリンパ液等の循環改善がどれほど老廃物排出に効果があるか定かではない

以上のことから、医学的な信頼を完全に得ている方法ではないことは知っておいた方が良いです。

 

デトックスというのは美容的な側面で用いる場合、体の老廃物を出すマッサージや運動などのことを指しています。

デトックスに関する医学的な根拠はいまだ薄いので、医学ほどの信頼はないということは覚えておいてください。

ですが、デトックス以外にも医学的な根拠は薄くとも実体験が積み重なっている美容法はあります。

リスクも考慮しながら自分の体を見てデトックスすることは悪いことではありません。

 

 

デトックス効果の高い3つの注目海産物!さんま・しじみ・まぐろ

デトックスとは体の中に溜まった老廃物などを出すことで、医学的に確実な根拠があるわけではないものの、その方法論などが広く知られています。

老廃物を出すことによって肌がきれいになる、女性に多い便秘体質の改善につながる等の体験談もあります。

 

●デトックス効果の高い食べ物1 さんま

デトックスでは全身から老廃物を出すことを目的としていますが、全身を流れるもののひとつに血液があります。

さんまは血液の流れをよくすることで、老廃物を体外に排出しやすくするのがデトックス的な働きです。

その他に、医学的に見てもさんまの効能はよく知られています。例えば良質のたんぱく質として、そして鉄分不足にも対応できる魚です。

また、さんまは青魚でもありますのでコレステロール値を下げる・ボケ予防に役立つDHAやEPAの摂取にもなります。

 

●デトックス効果の高い食べ物2 しじみ

デトックスに欠かせないのが肝機能の強化です。肝臓は人間の代謝や解毒に関わっており、解毒を意味するデトックスとは最も馴染み深い臓器です。

その肝臓機能を強化してくれる食べ物がしじみです。

しじみに含まれるタウリンは肝臓機能を高めて、より解毒しやすい体に導いてくれます。

 

●デトックス効果の高い食べ物3 まぐろ

さんまで血液をきれいに、しじみで肝機能をアップして解毒しやすい体にしたら最後に摂取したいのがまぐろです。

まぐろは抗酸化物質を含んでおり、老化の元となる活性酸素を攻撃して体をきれいにしてくれます。

まぐろは脂っぽいから健康に悪いというイメージがあるかもしれませんが、不飽和脂肪酸ですのでさんま同様に血液をサラサラにする働きもあります。

 

体の中を解毒するための食材としてお勧めなのが血液をサラサラにする食べ物、肝機能を強化する食べ物、活性酸素を攻撃できる抗酸化物質を含む食べ物です。

抗酸化物質を含む食べ物はまぐろのほかにさけ、まいたけ、ほうれん草などもあります。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美容・ダイエットに関する記事

歳と共に下がるお尻・・・どこでくい止めますか!?

若いころは特に気にもならなかったお尻かもしれません。 それが年齢と共にだん...


1日3分で顔痩せ!丸顔が気になる方に…造顔マッサージを知っていますか?

  女優さんの間でも話題になっているのが造顔マッサージというものです。 「1...

日焼けしやすい人と日焼けしにくい人の違いは?

日焼け止めをしっかり塗っているのに日焼けする。日焼け対策を入念にしていない...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る