カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 貧血 >
  5. 赤身肉は10倍効率がいいんです!効率的な貧血対策をするのに赤身肉がイイのはなぜ?

気になる病気・症状

赤身肉は10倍効率がいいんです!効率的な貧血対策をするのに赤身肉がイイのはなぜ?

 

女性には貧血症状で悩む人が多いです。基本的に貧血症状というのは、食べるものによって改善するべきです。では、何を摂取することによって貧血を改善できるでしょうか。

 

赤身肉の摂取が貧血対策になる!

女性が食べるべきものというと、野菜や果物の印象が強いかもしれません。確かに貧血対策として、ホウレンソウやヒジキなどの食材が言われることは多いです。しかし、赤身肉の摂取も貧血対策になるということを知っているでしょうか。

貧血に悩んでいる人の約7割が、鉄分不足によって貧血症状を生じています。そのため、食事から鉄分を摂取することが重要なのです。その鉄分摂取に適しているのが、赤身肉なのです。

 

ホウレンソウよりも赤身肉の方が効率がいい!?

食品から摂取できる鉄分には、二つの種類があることを知っているでしょうか。二つの鉄分というのはヘム鉄と、非ヘム鉄という種類で、体内への吸収のされやすさの点で言えば、ヘム鉄の方が優れています

このヘム鉄というのは、赤身肉などに多く含まれています。これに対してホウレンソウやヒジキに含まれる鉄分は非ヘム鉄です。ヘム鉄と、非ヘム鉄の体の吸収率を考えると、ホウレンソウを食べるよりも赤身肉を食べる方が、10倍効率がよいとされています。つまり、赤身肉ならばホウレンソウの1/10の量の摂取で済むのです。

 

量が少なくていいから、鉄分を安定させられる!

貧血対策としては、血中の鉄分の量を安定させる必要があります。今週は鉄分を多く摂取したけど、先週はダメだったというのでは、効率的な貧血対策にはならないのです。

血中の鉄分の量を安定させるためには、赤身肉ならば100gを週に2、3回摂取すればよいです。また、赤身肉を摂取するということは、赤血球を形成する要素であるたんぱく質も豊富に摂取できますので、この点でも鉄分の安定に貢献してくれるのです。

 

 

肉を食べるというと、男性的な感じがするかもしれませんが、赤身肉のような肉は女性こそ摂取しましょう。特に体のことを考えて、野菜や果物の摂取ばかり意識してしまっている人は、良質の赤身肉を意識して摂ってみて下さい。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

貧血に関する記事

溶血性黄疸を起こす病気にはどんなものがある?

    溶血性黄疸は溶血性貧血の症状として出てきます。 溶血性貧血とは何ら...

自己免疫性溶血性貧血について

     自己免疫性溶血性貧血とは、本来なら細菌やウイルスなどの外敵から体を...


先天性の溶血性貧血の種類とその原因

  何らかの理由で赤血球がその寿命を迎える前に破壊され、貧血や黄疸の症状が...

貧血になりやすい人の傾向とその症状

  貧血になりやすい人、なりにくい人というのはいます。そして貧血の症状も様々で...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る