カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

育児・子供の病気

真夏に使える熱中症の応急処置

 

夏になると幼児を持つ両親や老人の悩みの種となるのが熱中症です。
夏はレジャーも楽しい季節ですが、熱中症には十分な注意が必要です。


●熱中症とは


熱中症とは暑い中で起きる障害を指しています。
人間の体は、暑いときには熱を出そうとして、寒いときは熱を貯めこもうとしています。
暑いときに熱を出す仕組みがです。
汗が出ているときは健康な証拠といっても過言ではありません。
ですが、汗は水分を出すことにもつながります。
そして、暑いと塩分も体内からどんどん消えていくので、体が脱水状態に陥ります。
これが熱中症の原因です。
熱中症の症状は脱水症状による腹痛吐き気熱痙攣などがあります。
その他に熱射病という中枢機能の異常がみられる場合もあり、熱射病で死に至る可能性もあります。


●熱中症の応急処置


暑いときに急に子どもが熱中症になった場合、まずは涼しいところに運びます。
レジャーに行っているときに熱中症になったのであれば、とりあえず日影に運んでください。
そして、足を高くした状態で寝かせ、締め付けのある服はボタンをはずしたりして緩めます
水分を補給しながら救急車等を待ってください。
ろれつが回らなくなったりした場合熱射病の可能性が強いです。
首や脇の下などをとにかく冷たいもので冷やしながら救急車の到着を待ちます


●熱中症の予防


熱中症を予防するためには水分の摂取が重要です。
塩分と糖分を適度に含んだ水分摂取を行って、熱中症を予防してください。
最も良いのはスポーツドリンクです。
最近では塩飴なども販売されているので、常備しておいてもよいでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/04/02-035496.php)

著者: れなあどさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日射病・熱中症に関する記事

見逃さないで!子供の熱中症の予兆と対処法を覚えておこう!

夏は子供にとっても楽しい時間である一方で、熱中症のリスクもあります。親として子...

春先に起こる車内の熱中症…春はまだ体の準備ができていないからなおさら注意!

  熱中症といえば、夏にかかるものと思われがちです。しかし、実際には春先から熱...

日射病・熱中症の体験談

子どもの熱中症に気をつけていたら自分が…

息子にとって今年は初めての夏です。 そして暑い季節に絶対に気を付けなければならないのが熱中症です。...

熱中症にならないためのしていること・・

暑い毎日が続きますね・・・。 幼い娘を連れて外に出ることがなかなか大変です。 何より怖いのが、こ...

カラダノートひろば

日射病・熱中症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る