カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 貧血 >
  5. これで私も貧血知らず!貧血予防によい食材は○○!貧血による体への恐ろしい影響

気になる病気・症状

これで私も貧血知らず!貧血予防によい食材は○○!貧血による体への恐ろしい影響

立ち上がった時に目の前が真っ暗になりフラッとしてしまう・ふとした時に視界がおかしくなり、気づいたら倒れていた…なんて、そんな経験はありませんか?これは《貧血》を起こしていると考えられます。貧血気味の方は非常に多く、貧血を起こしてしまうと、頭を強く打ったり、危険な目にあってしまうケースもあるので、生活の中で貧血の予防をしていかなければなりません。“これで私も貧血知らず!”貧血予防のための方法をお伝えします!

 

 

◆血液を作る為にはタンパク質!!

血液は葉酸や鉄分を豊富に摂取すること!という知識は多くの方が持っているかと思います。しかし、それだけでは良質な血液は作られません。バランスの良い食事が必要で、特にタンパク質は造血作用に大きな効果を生み出してくれるので、積極的に摂取していきましょう。主に、大豆や豆腐・納豆などを食べると良いです。

 

◆積極的に摂取すべき食材とは??

「貧血には鉄分」と一言に言っても、一体どんな食材に鉄分が含まれているのか、知っている人は少ないかもしれません。思いつくものと言えばレバーくらい…。しかし実際にはもっと沢山の物に鉄分が含まれています。他にも葉酸が豊富に含まれている食材!是非、毎日の食生活に取り入れてください。

 

【鉄を豊富に含む食材】

大豆・納豆・ひじき・レバー・小松菜・ほうれん草・牡蠣・インゲン豆・高野豆腐・しじみ・春菊…等。

 

【葉酸を豊富に含む食材】

小豆・大豆・枝豆・モロヘイヤ・インゲン豆・ブロッコリー・アスパラガス・ナッツ類・魚介類…等。

 

◆貧血って体にどんな影響があるの??

「私、貧血気味なんだよね」と、軽く口にしてしまう方が非常に多く感じますが、貧血という症状はとても危険なものです。貧血になっているという事は体の各組織への酸素が十分に行き届いていないため、様々な症状を引き起こしてしまうのです。倦怠感・脱力感・食欲低下・目眩・動悸などが起こってしまい、状態が酷くなってしまうと、月経不順・子宮筋腫・痔:ガン・吸収不良症候群などの病気を引き起こしてしまいます。

 

 

貧血という症状を甘く捉えてはいけません。体に何も起こっていない・倒れるまでの症状ではない…と軽く見ていると、症状はどんどん酷くなり、気がついた時には、鉄分の過剰喪失などに陥っている可能性もあります。頭の回転も鈍くなり、思考回路も悪くなってしまいます。よって生活に様々な支障が出てしまうことは理解してもらえるでしょう。少しでも異変に気がついたら、早急に貧血予防をしましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

貧血に関する記事

貧血予防にはヘモグロビンを増やそう!食事療法のポイントとは?

  貧血状態に陥っている方の多くは、体の活気の無さや、胸を圧迫されるような...

発作性夜間ヘモグロビン尿症とは

    発作性夜間ヘモグロビン尿症とは、血液を作る造血幹細胞に異常が起こり溶...


その"クラッとする"は貧血?低血圧のせい?実は全然違う!"クラッ"の原因とは

クラっと来る原因は「貧血」でしょうか?「低血圧」でしょうか? 女性は立っている...

赤血球の数が少なくなって起こる貧血による眠気について

  様々な疾患の症状として眠気というものがあります。眠気症状というのは体が、「...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る